日刊大衆TOP 佐野美和×鈴木宗男

第20回  読者参加型連載 “美人過ぎる元八王子市議”政治キャスター・佐野美和がゆく !アナタのお悩み一刀両断!! 困った時は「ムネオ先生に訊け!」

2014-10-19

政治キャスター・佐野美和がゆく アナタのお悩み一刀両断!困った時は「ムネオ先生に訊け!」



美和 衆議院の解散総選挙は来年ですかね~?12月で、もう2年経ちますから、いわゆる“危険水域”に入りますね?

宗男 う~ん。でも今選挙をしても、自民党がいま以上の議席を獲れるとは思いません。来年の9月に自民党の総裁選があるので、安倍総理はまずそこで自民党総裁の再任を果たしてからの任期満了か、衆参同時選挙が可能性高いんじゃないかな?

美和 選挙といえば、子供の頃から選挙に慣れてもらおうと、地域の選挙管理委員会主導で、小学校で「給食のメニュー」などの決定で疑似選挙なんかやっているそうですね。

宗男 私も中学校の時は“級長”をやっていましたよ。

美和 弁舌爽やかに演説して「給食のおかずをもう一品増やそう!」とか言ってたんですか?



宗男 爽やかではないけれども、昔から熱血漢でしたからね!でも、私は級長でしたが、娘の貴子は“生徒会長”をしていましたからね。「お父さんは級長止まりだけど、私は生徒会長だった」と言われたりして。。それだけは娘に負けています(笑)。
※鈴木貴子衆議院議員のこと

美和 今回は、ご家庭でも3人のお子様を育て上げた、父親としての宗男先生に、子供の教育に関するご相談です。

宗男 ほう。何でも訊いてください!

~32歳 男性 会社員の方からのご相談~
ムネオ先生、いつも楽しく拝見しています。私の息子の教育についての相談です。私には、再来年小学校にあがる息子がいます。自分は、小学校や中学校とかは公立でいいと思っています。小さいうちは伸び伸びと育てて、受験とかは自分で進路の希望が定まったりしてからでいいと思っています。でも妻や義父母は、小さいうちからお受験させて、エスカレーター式の大学まで行ける私立の付属小学校に入れるべきだと譲りません。そして受験の1年も前からそのための幼稚園やスクールのようなものにまで通わせると言い出しました。そのため私の小遣いも減らされて、家でもテレビを見ながらの晩酌などまでお勉強の邪魔だと制限される始末です。なんか言ってやってください。

宗男 子供の教育というのは、第一に考えなくてはいけない大事な事です!私立か?公立か?というのは、長所短所それぞれありますので、皆さん考えるところですね。


美和 そうですよね。宗男先生のお嬢さんの貴子さんは、中学校までは公立ですよね?

宗男 義務教育の内は公立で十分です。高校・大学はカナダだったけどね。海外留学は本人の希望で、私は女の子だから行くならイギリスがいいと思っていたんだけど、本人がカナダを選びましたね。学校も自分で選んできました。

美和 ご相談者の方のお子様は、今度小学校ですからね。自分の意志と言うのはなかなか難しいのではないかと・・・。

宗男 “競争力”を身につける事は、教育で大切な事の一つです。

美和 私立だと入学試験で激しく競いますが、入ってからはエスカレーターで、ずっとノホホンとするきらいがあるかも。。公立は、入るときはそう難しくないかもしれませんが、様々な生徒が集まりますからその中で揉まれる事で競争力が生まれますね。

宗男 いずれにせよ、家族で様々な意見をだして、我が子にとって“何が最善か?”家族で考えるという事ですよ。


美和 宗男先生は、奥様のお陰?で子育てに成功して、人から見れば大変うらやましい限りですが、政治家のお子さん方で、たまに事件を起こされたりする人もいますね?

宗男 永田町は2世3世が、沢山いますからね。だいたい、東京で育って東京の学校に通って、選挙に出る時になって地元に“住民登録”する人が多いですからね。ギャップに戸惑う人もいるんでしょうね。

美和 ご相談者の方には、どうアドバイスしましょうか?

宗男 子供は親を選ぶことは出来ません!

美和 宗男先生は“古い自民党”もとい、“歴史と伝統の自民党”に長くいたわりにはリベラル?(笑)というか、「親の言う事だから聞きなさい」という押し付けな考え方はあまりされませんよね?

宗男 親孝行は必要ですがね!ある年齢になったら、子供の希望もしっかり聞くことです。この子はどんな道が向いているのか上手にハンドリングしてあげる事ですよ。競争が働く公立に行かせるか?エスカレーター式でじっくり教育を受けることができる私立か?様々な観点から考えてほしいね。

美和 とっても子供思いの、いい父親ですね!

宗男 私なんか孫にも「海外の学校はどうだ?」なんてハッパかけますがね、うちの孫は海外は嫌がるんですよ!だから叱る時とかに「海外行かすぞ!」なんて言うと、すぐ言うこと聞きますね(笑)。


美和 永田町で“威圧的”とされる宗男先生に圧力をかけられるお孫さんも、すごい競争力が身に付きそうです(爆笑)。


宗男 ハハハハハッ。でも何事も自然体が一番ですよ。今の永田町見ても“偏差値秀才”は多いけれど、頭が良いと感じられる人は、あんまりいないかなぁ?(笑)

美和 では、今回のご相談のお答えをまとめますと、「夫婦、家族でしっかり話し合う」「ご相談者の方のお小遣いや自分の時間の犠牲は、仕方ない」という事ですね?

宗男 それくらい、父親としては当然です!かわいいお子さんのために、少しくらいは我慢してみましょう!

宗男・美和 一件落着! 困った時は「ムネオ先生に訊け!」



※当企画では日刊大衆読者のみなさんの日頃の悩みを大募集しております。
佐野美和さんを通して鈴木宗男氏に相談したいこと、日常のささいな悩みや、
くだらないこと、どんなことでも全然OK! ご応募お待ちしております。

>宛先はコチラ<



佐野 美和(さの みわ)プロフィール
1966年12月16日生まれ
政治キャスター。伝説の番組「オールナイトフジ」にオールナイターズとしてレギュラー出演。92年度ミス日本受賞。1995年28歳で、八王子市議会議員当選。<美人すぎる市議>として脚光を浴びる。
2002年より政治キャスターとして国会議員にインタビュー。
現在はustream「会いに行ける国会議員みわちゃんねる突撃永田町!」で政治キャスターを務める。国会議員へのインタビューは、のべ400人以上。TV、ラジオの広告代理店㈱チェリーブロッサムの経営も手掛ける。

鈴木 宗男(すずき むねお)プロフィール
1948年1月31日生まれ
政治家。北海道出身。拓殖大学政経学部在学中より、故・中川一郎元衆議院議員の秘書を務める。1983年に自由民主党より出馬し、衆議院議員に初当選。防衛政務次官、外務政務次官などを務める。
また1997年には国務大臣として北海道開発庁長官、沖縄開発庁長官を歴任。2002年に自民党を離党。
2005年には新党大地を結成。代表となり、その年衆議院議員に返り咲く。防衛・外交の論客として鳴らす一方、その人情味溢れ、愛されるキャラクターは、歌手の松山千春をはじめとしてシンパが多数。ムネオの愛称でも知られる。
娘は衆議院議員の鈴木貴子。

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.