日刊大衆TOP トレンド

「儲け」のからくりとは!?「ホントの原価」すべて暴く!

[ヴィーナス9月20日号]

「儲け」のからくりとは!?「ホントの原価」すべて暴く!

これは商売上手? それともボッタクリ? あなたの回りにある商品

本誌記者が、衝撃の事実を知ってしまったのは8月上旬のことだった。この日、猛暑に耐えかねて、仕事をサボり海水浴に。
水着姿の女性を眺めながら泳ぐのは最高。気づけばお腹もペコペコで、海の家で焼きそばを購入した。700円と少々高めながら、格別の旨さ。
「なんで海の家で食べる焼きそばは、どこもこんなに旨いのか。きっと、どの海の家も原材料にこだわっているんだな。実際、スーパーよりだいぶ高いし」なんてつぶやいたところ、テキヤの友達・ケンボウ(本名・建一)が驚愕の言葉を放ったのだ。
「お前、バカだな。そんなん、海で食べるっていう環境だから2割増しに感じてるだけに決まってんじゃん。この焼きそば、材料費なんて40円くらいだぜ」
700円の焼きそばが40円で作られている?あまりにバカバカしくて反応する気すら失せたのだが、ケンボウが言うには、知り合いの焼きそば露店が実際にそうだというのだ。
「いいか、世の中には"原価"ってもんがあるんだ。100円で仕入れた物を100円で売っても儲けにならないだろ。だから、売られている物のほとんどは、俺らが実際に払う額より安く作られてるんだ」(前同)
とはいえ、40円とは安すぎやしないか?
「俺が所属する露店の組合では、原材料を一括で安く仕入れるんだ。そうやって買った物を、使う店に割り勘で分配する。小麦粉だったら、お好み焼き、パンダ焼き、今川焼を扱う店で、割り箸だったら飲食を扱う店で、というふうにね。しかも、ほとんど中国産。ウチの組合の店ではどこも国産の表示はしてないから偽装にならないし、誰も産地なんて聞いてこない。そのうえ、お祭り価格だから、粗利はかなり高いぜ」(同)

次ページ >> 「儲け」のからくりとは!?「ホントの原価」すべて暴く!

「儲け」のからくりとは!?「ホントの原価」すべて暴く!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.