日刊大衆TOP 娯楽

パチスロ勝利の隠し味「サラリーマン番長『お宝台』のありか」

パチスロ勝利の隠し味 松本バッチ
第14回 「サラ番の大勝ちチャンスは落ちている!」



右を向いてもサラ番、左を向いてもサラ番、後ろを向いてもサラ番。
今やパチスロ界は『押忍!サラリーマン番長』(通称サラ番)で大賑わいでございますなぁー。皆さんも打ちましたか。打ちたいでしょう? そして出したいでしょう?

というわけで、こんにちは。シェフのエプロンを脱ぎ捨てて、フェルトハットを深めに被り、革ジャンを着た肩にロープをかけまして、パチスロトレジャーハンター松本バッチでございます。

数多のパチスロにおけるお宝の場所を探りあて、幾度となく辿りつくことに成功して参りました僕ではございますが、サラ番の野郎はなかなか手強い。正直、いつもの通り「高設定を狙う」だとか「当たりやすいゾーンを狙う」だとか、それだけでは心もとないとすら思いはじめているレベルです。

だがしかし! 手強いからといって背を向けるようでは、いつも僕のシェフごっこコラムにお付き合い頂いている皆様に、顔向けができぬのです! できぬものはできぬのです! そこで今回は、サラ番に挑まれん勇敢なトレジャーハンターの皆様に、僕がほんの少しでも道しるべとなるべく、フェルトハットを深めに被った次第であります!

それではさっそく、まずはお宝の在り処から。
『押忍!サラリーマン番長』、言わずとしれた『押忍!番長2』の後継機でございます。もちろん目指すは「頂RUSH」。

押忍!サラリーマン番長
押忍!サラリーマン番長(大都技研)
ボーナス(BB)と1ゲームあたり純増2.8枚のAT「頂RUSH」で出玉を増やす。その破壊力から、現在ホール人気ナンバーワン機種!!



しかし、今回はその頂RUSHが進化を遂げておるわけです。新たに「青頂RUSH」なる上位のモノが現れました。そして頂RUSHや青頂RUSH中に突入する可能性のある、「頂SRUSH(スラッシュ)」と「頂SSRUSH(ダブルスラッシュ)。この上乗せ性能がスコブル凄い。頂SRUSHは画面が2分割され、頂SSRUSHは画面が4分割されるわけなんですが、その分割された画面それぞれで上乗せが巻き起こるわけです。ラッシュラッシュと言われて、こんがらがるかもしれませんが、とにかくこういうことです。

・ 頂RUSHより青頂RUSHのほうが凄い
・ 上乗せ大チャンスの頂SRUSHがある。その上に超チャンスの頂SSRUSHがある


そして自身の経験や周りの台、知人の体験談など、あらゆる情報を集めた結果、お宝の在り処が判明したわけです。

「青頂RUSH中に頂SSRUSHに入れること」

完全に、ココ。
ココにド偉いお宝が眠っております。どんだけ凄いか詳細は省きますが、大丈夫。ブチ込んで体感しちまえば一発でわかるハズです。どうなってんだコレ? となっても、パンパンの下皿と頭上のドル箱が、お宝ゲットおめでとう! と祝福してくれるハズです。それじゃあ、問題はどうやってブチ込むか、ですよ。

正直言いまして、ハードルは低くありません。なんせ、僕もまだ体験しておりません。それだけの威力を秘めたお宝ってことです。非っ常に道は険しい……。だがあきらめてなるものか! 集え! 冒険家どもよ! サラ番の地図を広げ、お宝の在り処にデカデカと赤マルをつけたなら、そこまでの近道ルートを僕が伝授しようじゃないか!

キーワードは「ブルーレジェンド」

うわぁ、なにそれぇ、また知らないカタカナ出てきたぁ、と眉間にシワを寄せるなかれ、道は険しいのだ! 

さぁさぁ、このブルーレジェンドとは何ぞや、と。サラ番には番長2と同じく、BBに赤BBと青BBがございます。青BBのほうが約2倍、頂RUSH突入やゲーム数上乗せに期待できるわけです。

そう、この台はBBも頂RUSHも「青」のほうが偉いんですね。そしてなんと、その「青」のBBや頂RUSHが固まって出てくることがあるんです。そう、それが「ブルーレジェンド」! ブルーレジェンド中は、BBも頂RUSHも当たれば青になって出てくるんです。しかし、その詳細は判明しておらず、突入条件や終了条件などは不明。さらには今、自分が滞在してるかどうかも、当たってみるまでわからない。しかし、実戦上ただ1つわかっていることがあります。

「ブルーレジェンドに入れば、そこそこ続く」ということ。

これこそが、お宝の在り処への道しるべとなる! ブルーレジェンドという状態は「当たれば青になる」というだけで、ボーナス間でのハマリや連チャンには無関係。つまり、ハマっているうちもブルーレジェンドに滞在している可能性がある。滞在しているかどうかは、次当たるまでわからないわけです。

見えてきたでしょうか、道しるべが。
「直前まで青BBや青頂RUSHが続いている状態で空いている台を狙う」。
コレがお宝の在り処への近道です! 台に搭載されている内部データをチェックしてみましょう。

001


こういった台。途中で赤BBや普通の頂RUSHを挟んでいるものは除外です。

002


もちろん、偶然「青」が続いた可能性もある。しかし、なかなか続けて起こることじゃないわけです。これを次当たるまで打ってみる。偶然「青」が続いた可能性を低くするために、なるべく多く「青」が続いている台が好ましいです。1回だけでは無謀です。

そして、もし仮にブルーレジェンドの恩恵だとしても、直前の「青」でブルーレジェンドがたまたま終了してしまった可能性もあるため、苦労したあげく赤を貰うこともあります。それでも、当たってそこで「青」に出会えたら、お宝までの距離がグッと縮まったも同然! 青BBなら頂RUSHに当選しやすい! ブルーレジェンドが継続してればその頂RUSHも青になるわけですから!

やたらめったら空き台として見つかる状態ではありませんが、気にして見ておく価値はあるハズです。僕も何度か挑んだ結果「青」の連続に出会っております。しかし、そっから! そっからがまだ届かない! 頂SRUSH及び頂SSRUSHのほうは、完全に腕っ節勝負。そっから先は自分の腕の力で引っ張ってくるしかないんです!

さぁさぁ、これがお宝の在り処に赤マル……いや、青マルをつけたサラ番の地図でございます。この地図を握りしめ、台の内部データをチェックして、青の世界で夢の画面4分割! どっちが先にお宝に辿りつくか勝負じゃい!


■松本バッチ プロフィール

1982年福島県生まれ。「勝つために打つのではなく、より楽しく打つために勝つ」をモットーに、パチスロ攻略マガジンをはじめ、各種パチンコ・パチスロメディアで活躍中。

パチスロ勝利の隠し味「サラリーマン番長『お宝台』のありか」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.