日刊大衆TOP 娯楽

【井崎脩五郎】同居が菊の始まりとか

[週刊大衆11月3日号]

競馬新理論 井崎脩五郎
同居が菊の始まりとか


始まりは平成23年だった。

この年の菊花賞は、1着オルフェーヴル、2着ウインバリアシオンが、ともに7枠馬だった。

この年から、「同居」が菊花賞のキーワードになっている。
激走枠の目印になっていると言ってもいい。

たとえば、翌平成24年は、8枠にこういう同居が見られた。8枠17番タガノビッグバンのオーナーが「八木」良司氏。

8枠18番トリップのオーナーが大「八木」信行氏だったのだ。

すると、両馬の同枠にいた8枠16番のスカイディグニティが、スタートで出遅れる不利がありながら、2着に突っ込んできたのである。

このとき勝ったのは1枠ゴールドシップだが、同馬はステイゴールドの産駒。そして、1枠に同居していたフェデラルホールも、これまたステイゴールドの産駒だった。

翌平成25年は、18頭の出走馬の中に社台ファームの生産馬が2頭おり、その2頭とも7枠に入っていた。

すると、その両馬にはさまれて7枠に入っていたサトノノブレスが、直線伸びて2着に入った。

この3年間、名前の中に同じ文字が同居している馬(オ◯ルフェーヴ◯ル、ウイ◯ンバリアシオ◯ン、スカイデ◯ィグニテ◯ィ、サト◯ノ◯ノブレス)が、連対し続けているのも大きな特徴だ。


■井崎脩五郎 プロフィール
1947年生まれ。東京都出身。競馬評論家・コラムニスト。独特のレース予想と明るいキャラクターで人気を博し、数々のテレビ番組に出演。多数のコラム連載も持つ。

【井崎脩五郎】同居が菊の始まりとか

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.