日刊大衆TOP 芸能

新垣結衣 新作映画の「おっぱい騒動」

[週刊大衆11月03日号]

「いや~、大きく見積もってもBカップぐらいだと思っていたんですけど、今じゃ、Dカップはあるんじゃないですかね」

映画ライターが、鼻の下を伸ばしながらこう語るのあらがきゆいは、ガッキーこと新垣結衣(26)のバストサイズ。新垣と言えば、モデル出身でスラリと伸びた手足が印象的なスレンダーボディの持ち主。昨年、ジャニーズタレントの錦戸亮との"通い愛"が発覚するまでは、処女説がささやかれるほど、芸能界きっての清純派として知られ、巨乳とはほど遠いイメージだった。

「2004年頃は、水着グラビアの仕事もしていて、初々しいビキニ姿を披露してくれていたんですが、谷間はないし、膨らみも控えめで、お世辞にも巨乳とは言えない体つきでしたね」(芸能記者)

最近も、夏に放送開始となった化粧品メーカー『KOSE』のCMで胸元露わなタンクトップ姿で出演したものの〈これだけ大胆に胸元が空いてるのに谷間が見えない〉とネット上で指摘されるほどだった。
だが、そんな新垣のおっぱいが、今、急成長を遂げているというのだ。

次ページ >> 新垣結衣 新作映画の「おっぱい騒動」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.