日刊大衆TOP グ スーヨン

第27回 情報を切る『切り口』だけが、成功のカギを握っている! 切り刻んでこそ、情報の価値があるってもんですよ!

2014-10-22

天才CMプランナー グ スーヨンが教える「いいかげん学習法」


イラスト/グ スーヨン


「よくもそんなにポンポンとアイディアが出てきますよね~」
「どうやってるんですか?」
「どんな時に出てくるんですか?」
時々そんな風に尋ねられることがあるけど…

答えは、
「ずーっと年がら年中、日がな一日中考えてるからです」
としか言いようがない。

それにねぇ、
アイディアが出ない…
良い考えが浮かばない…
そんなことは、しょっちゅうです、というか、毎日でございます。

だけど、企画提出の締め切りは待ってくれない。
そういう時、「切り口探し」のコツがあるんです
よ。

そういうワケで、この
『いい加減な学習法』を書いてるんですがねぇ…


グツグツグツグツ…
いつものように、アイディア出しが煮詰まっていた。
コンコンとドアをノックする音がした。
こんな時間に誰だろう?
不思議に思いながら、ドアを開けてみた。
誰もいない。
首を傾げながら、辺りを見渡すが、やっぱり誰もいない。
ドアを閉めて、新しいコーヒーを煎れる。
疲れ過ぎてしまって、ついに幻聴が聞こえるようになったんだろう。
そう思いながらコーヒーをすする。
再び、コンコンとドアをノックする音がした。
やけにしつこい幻聴だな。
ドアを開けてみた。
誰もいない。
ドアを閉めようとすると、声が聞こえた。
「あの~、ちょっとですね、話を聞いてもらっていいですかね?」
その声は、足下の方から聞こえた。
下を見ると、
ネコがいた。
「はい、なんでしょうか?」
「実は、新しい事業を始めるので、気の利いた広告を考えてもらえませんか?」
「なるほど、で、なんの事業ですか?」
「肉球マッサージというサービスです」

という具合にね、
楽しくなるように考えるのですよ。
別の世界に飛び込んでいくというか、
なんだかワクワクするような状況を想像するんですね。


ネコが幽霊でも構いません。
宇宙人でもUMAでも、生物じゃなくても構いません。
子供でもおばさんでもおじいちゃんでも、世の中にはいろんな人がいるんですから、いろんな生き方があって当然ですよね。
いろんな生き方ってのは、
いろんな価値観があるってことなんです。

そうです!
違った価値観から、そのことについて考えてみるという方法なんです。

今までに、
○組み合わせ法
○情報から知識へ
○風が吹けば桶屋が儲かる式

を話してるから、
これに
○多重人格法または、別人格法(勝手にそう呼んでる)
これまでに、4つの切り口、アイディアの出し方を覚えたことになるよね。
まだまだ無限に、あるんだけどね。

賢い人たちがアイディアの出し方だけを専門に考える「アイディアプロセッシング」という学問にもなってるしね。

要するにさ、
いろんなアイディアの出し方を知ってるか、知らないか、
どれだけいっぱい切り口の考え方を持ってるか、
の違いだけなんだよね。

やみくもに漠然と考えてたって、
アイディアは、空から降ってきてくれないから~

次回は、「本質に近づこう」ってのを話しましょうか。


グ スーヨン(具秀然 gu suyeon) プロフィール
1961年、山口県下関出身の在日韓国人二世。
CMディレクターとして多くの話題作を手掛け、注目を集める。
1994年にGOO TV COMPANY ltd.設立。その才能は多岐に渡り、作詞家としての活動をはじめ、2001年には初の小説「ハードロマンチッカー」を刊行。小説家としても高い評価を得る。
2002年に2冊目となる小説「偶然にも最悪な少年」刊行。
ACC最高賞、ロンドンクリエイティブアワード他、受賞多数


グさんが手掛ける話題のタクシーCMをCheck!
『グとハナはおともだち』
動画一覧を見る

【CM作品】
・ケビン・コスナーのサントリーモルツ
・永瀬正敏の資生堂メンズスタイリングムース
・「脱いでもすごいんです」のTBC
・「パソコンできない人は亡びる」COMPAQ
・ジャン・レノのHONDAオルティア
・内藤剛士の「だって8時間だもん」SONYハンディカム
・ウルフルズの資生堂GERAIDOから堂本剛の資生堂GERAIDO
・鼻血を出した金城武のライフカード
・菅野美穂の「なにのもっかなぁ」サントリービタミンウォーター
・「ピンキリ」優香と加藤君のカーセンサー
・ひろみ郷の雪国まいたけ
・「あきらめましょう」を歌う華原朋美、伊藤蘭のポッカ
・金城武のLYCOS
・柳沢慎吾のピザーラ
・福山雅治のダイナブック
他、IBMのe-business、缶コーヒーのジョージア、ヤクルトジョア、ポラロイド、日本火災、DDIセルラー、うまかっちゃん、関西J-phone、九州J-phone、所ジョージのラビット、佐川急便、篠原凉子の「やばっグッときた」ORIXカード
など、お茶の間を騒然とさせる話題作多数。


【出演番組】
1995年:テレビ朝日の「えびす温泉」では、レギュラー審査員。
1998年:テレビ朝日ドキュメント「21世紀への伝言」で、現在活躍する在日韓国人クリエイターとして出演。
1999年:TBSの「情熱大陸」で、自身をドキュメントされた。
2010年:タクシーちゃんねる「グとハナはおともだち」
2013年:ベイFMレギュラー番組「接続したくない人たち」毎週月曜25時~


【手がけた作】
・内田有紀「baby's growing up」MTV
・槙原敬之「SPY」「どうしようもない僕に天使が降りてきた」MTV
・チャー「SMOKY」MTV
・ウルフルズ「まかせなさい」MTV
・内田有紀のアルバム「愛のバカ」「nakitakunalu」プロデュース
・ポッカのCMソング「あきらめましょう」や田原俊彦、林明日香、ラグフェアなどの作詞を手がける。

2001年3月:初の小説「ハード・ロマンチッカー」刊行
2002年6月:「偶然にも最悪な少年」刊行
2003年9月:初監督映画、「偶然にも最悪な少年」全国東映系ロードショー。主演 市原隼人、中島美嘉主演
2005年:韓国プチョン国際ファンタスティック映画祭に審査員として招かれる。
2007年5月:映画「プルコギ」全国公開。主演 松田龍平、山田優
2010年1月:テレビ東京「ジロチョー清水の次郎長維新伝」監督
2011年11月:映画「ハードロマンチッカー」全国公開。主演 松田翔太


【2015年公開予定のグスーヨン監督映画が現在企画進行中】
プルコギ 偶然にも最悪な少年 ハードロマンチッカー 偶然にも最悪な少年

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.