日刊大衆TOP 芸能

ズバリ本音で美女トーク☆高野人母美

[週刊大衆11月03日号]

ズバリ本音で美女トーク☆高野人母美

もっと画像を見る

「グラビア撮影がきっかけで"ガムテープブラ"に目覚めちゃいました。ラクだから今も乳首にペタッて」

9頭身の現役モデルでありながら、女性プロボクサーとしても活躍する、高野人母美さん。そんな"二刀流"ボクサーの彼女が、自慢のDカップバストと極限まで鍛えあげたスーパーボディを披露した初のイメージDVDを発売。話題の美女アスリートの私生活と素顔に迫ります!

――モデル兼プロボクサーとして活躍中の高野さんですが、初のイメージDVDが発売されますね。

高野 初めてのことだらけで戸惑いの連続でした。今までモデルの写真撮影しかやっていなかったので、グラビアのポージングなどには慣れていなくて、苦戦してしまいました。

――DVDでは、ボクシングで鍛え抜かれたボディを披露しているそうですね。

高野 トレーニングウェアを着て、ボクシングのシーンも撮影しました。7月にサイパンで撮影をしたんですが、ちょうど試合に負けてから1週間後だったので、現地でも朝4時に起きて、トレーニングをしていたんですよ(笑)。

――撮影中も鍛えていたんですね(笑)。セクシーな水着姿も満載とか?

高野 かなり露出度は高いと思います。ビキニはもちろんのこと、こんな洋服あるんだ!? とビックリするような面積の小さいセクシーな衣装も着ましたよ。

――おぉ、それは見てみたい! かなり恥ずかしかったのでは?

高野 慣れるまでに時間がかかりましたね。ビキニの下につける前バリも初めてつけたんですよ。最初はちょっとムズムズして、ヘンな感じだったんですけど(笑)。でも、今回の撮影がきっかけでガムテープに目覚めてしまいました。

――え!? それはどういう意味ですか?

高野 今、ブラジャーしていないんですよ。ガムテープでとめていて。

――まさか……ノーブラ!?

高野 乳首のところにペタッとガムテープを貼っているんです。ブラジャーの窮屈さがなくて、すごく楽チンなんですよ。

――グラビア撮影のときに貼るのはわかるけど、普段からガムテープを貼っているんですか?

高野 ハマっちゃいましたね。ウフフ。

――はがすときは痛そうだけど……。

高野 痛いです(笑)。でも、ボクシングの練習中はスポーツブラをつけているので、胸が締めつけられて苦しいんですよ。それに、試合前には、減量で胸がしぼんでブラのサイズが合わなくなって、スカスカになったり、逆に試合がないときはパンパンになったりするんです。だから、ガムテープが一番ラクなんですよ。

――なるほど。ボクサーならではの対応法ってわけですね。ちなみに、下半身もガムテープを貼っているってことは?

高野 いやいや、それはさすがにないですよ(笑)。下は常にTバックです。

――ホッとしたような、寂しいような……。それにしてもこんな美女が、どうしてボクシングに挑戦しようと思ったんですか?

高野 もともと、15歳から7年間、キックボクシングをやっていたんです。あくまで趣味でやっていて、試合の経験もないし、ほかの選手の試合を観るのも怖いくらいだったんです。でも、知り合いに誘われて、後楽園ホールにボクシングの試合を初めて観に行ったら、衝撃を受けまして。「私もリングに上がりたい!」と思ったのがきっかけですね。翌日にはジムの門をたたいていました。

――プロの世界は違いましたか?

高野 まったく違いました。「限界です!」って何度も白旗をあげるくらい厳しい世界ですね。甘えは一切許されないので、プロになって、メンタル面は相当鍛えられたと思います。


次ページ >> ズバリ本音で美女トーク☆高野人母美

ズバリ本音で美女トーク☆高野人母美

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.