日刊大衆TOP コラム

「チューリップ」ってどんな意味?

[週刊大衆11月03日]

オランダのイメージは"チューリップの国"。
球根の生産量は世界一で、国花もチューリップです。
オランダ人のチューリップに対する思い入れは強く、かつて「チューリップ・バブル」と呼ばれる異常事態が起きたこともありました。
チューリップが投資の対象になり、価格が高騰。球根1個が家1軒と同じ値段で取り引きされたそうです。

しかし、チューリップはオランダ原産の花ではなく、原産地はトルコのアナトリア地方。
オランダで栽培が始まったのは16世紀に入ってから。
チューリップという名前は、オランダ人の勘違いからつけられました。
原産地周辺での呼び名は「ラーレ」でしたが、オランダ人がトルコ人の言った「チューリパ」を花の名前と思い込み、ヨーロッパにチューリップと紹介。
それが世界に広がったといわれています。

チューリパは花の名前ではなく、その形を「……のようだ」と表現した言葉でした。
チューリップの語源チューリパとは、トルコ語でどんな意味?

(1)包茎
(2)ワイングラス
(3)ターバン


答えはココを押す! 答え :(3)


出題:浜川卓也

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.