日刊大衆TOP コラム

シーザーサラダの「シーザー」ってなんのこと?

[週刊大衆11月03日号]

日本人が生野菜を食べるようになり、料理としてのサラダが一般化したのは戦後になってからですが、今では人々の生活にしっかりと定着しています。

多くの種類がある中で、今回取り上げるのはシーザーサラダ。
レタスをドレッシングであえ、パルメザンチーズとクルトンをトッピングするのが基本形です。
このサラダの名前について、ローマの英雄シーザーが好んだことに由来するという説がありますが、これはウソ。
シーザーサラダができたのは1924年のメキシコです。

当時のアメリカは禁酒法時代。週末には大勢のアメリカ人がメキシコに来て酒を飲んでいました。
ある日、1軒のレストランに大量の客が押しかけ、食材が底をついてしまいました。
困った店主は、ありあわせの材料を使ってサラダを提供。
それがアメリカ人たちの間でうまいと評判になり、各地に広がったというのが真相のようです。

では、シーザーサラダのシーザーとは、何からの命名?

(1)店主の名前
(2)最初に食べた客の名前
(3)メキシコの地名


答えはココを押す! 答え :(1)


出題:浜川卓也

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.