日刊大衆TOP 社会

必見!世界中を魅了した米国美人モデルの「乳踊り」

ラスベガス在住の美人モデルSara X Millsさん(通称サラ・Xさん=27歳)が、『Sara X Does Mozart’s “Eine kleine Nachtmusik”』というタイトルでYouTubeに投稿した動画が現在、世界中で大きな話題となっている。

元ポールダンサーだった彼女。モデルともあって、美麗な顔立ちに首下のデコルテ部分から右手へのびるアジアンテイストなタトゥーもまた妖艶さを増している。

そして、その組んだ両腕にすっぽりと溢れんばかりにギリギリ収まっている超絶バスト。真ん丸で豊満なバスト特有の柔らかさが動画からでも安易に想像できて、素敵すぎるぞ♪

そんなバストが今回の主人公。え? バストが主人公? 彼女、モデルでポールダンサーじゃないの? バストが主人公なんて意味不明だよ。そんな皆さんの声が聞こえてきそうだが、動画を見れば一目瞭然! サラ・Xさんは、誰にも真似できない“ボインダンサー”としての道を究めている。動画も大変な反響となっていて、すでに再生回数が1500万回を超えているのだ。

では、そんな”バストダンス”を紹介しよう。彼女はやおらコートを脱ぎだし、こちらに向きバストを強調するかのごとく腕を組む。すると、BGMが流れ出す。モーツァルトの名曲『アイネ・クライネ・ナハトムジーク』である。

そのリズムに合わせ、なんとバストの左右が上へ下へと左右交互に……というより華麗なリズムに合わせてバストだけがダンスするのだ!

サラ・Xさんはというと、美しい顔がツンとすました真面目な顔でリズムをあくまでバストだけで取っている。

イギリス大衆紙『The Sun』によれば、ポールダンサー時代から胸筋を鍛えてきたというサラ・Xさん。彼女がこのような芸を磨いてきた理由は、いずれはショービズの世界でスターになりたいから。世界トップアーティストを多く輩出してきたオーディション番組の『Xファクター』出演をきっかけに、敏腕音楽プロデューサーのサイモン・コーウェル氏の手でデビューしたいらしい。

ただし、このバストは実は豊胸手術しているそうだ。しかし、最先端技術で素晴らしいバストになっている。本人も、
「インプラントのより、揺れ方が大胆になったことが嬉しい。審査員席のサイモンが私のパフォーマンスに夢中になってくれることを願っているわ」
と、熱くアピールした。

もしかしたら、彼女のバストダンスが日本のお茶の間に流れるのもそう遠くはないかも? むしろ見たい!!


この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.