日刊大衆TOP 社会

米国で失踪した愛鳥「4年後に戻ったらスペイン語ペラペラ」

インコの一種、ヨウムは頭がよく、オウムに比べて人の言葉を覚えるため、ペットとして人気が高い。しかしそのことが時として、ミステリアスな事実を浮かび上がらせることがある。

カリフォルニアの地元紙によると、行方不明だったヨウムが飼い主のもとに戻ったところ、話す言葉が英語からスペイン語に変わっていたうえ、ラリーという見ず知らずの人物の名前を呼ぶようになっていたという。
このナイジェルというヨウムが飼い主のもとから行方不明になったのは4年前。その後、同じくカリフォルニア犬の美容サービスを営む女性店主が裏庭にいたのを見つけ、保護をしていた。実はこの時すでに、ヨウムはスペイン語を話していたという。そんなある日、ナイジェルを獣医に見せたところ、体内に元の飼い主が埋めたマイクロチップを発見。それを手がかりにナイジェルは飼い主のもとに戻ったのだが……。

本来の飼い主に会えたにもかかわらず、ナイジェルは飼い主に噛み付いたうえ、さらに話す言葉もスペイン語に変わってしまっていた。カリフォルニは移民が多く、スペイン語を話す住民も多い。おそらくナイジェルは空白の期間、そのような人物のもとで飼われていたのだろう。それにしても行方不明の間にまったくの別人(別鳥?)に変わってしまったとは、飼い主としては複雑な気持ちだろう。

ちなみにヨウムの知能はインコの中でも非常に高く、かつて比較心理学者のアイリーン・ペッパーバーグ博士が飼っていたヨウムのアレックスは、数を6つまで数えることができ、5歳児並みの知能を持っていたとされる。ナイジェルにも根気強く問いかけ続ければ、謎めいた空白期間についても、飼い主に語ってくれるかもしれない。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.