日刊大衆TOP 芸能

松井秀喜「巨人軍監督 就任白紙」全舞台裏

[週刊大衆11月10日号]

ファンも望むゴジラの日本球界復帰に暗雲が立ち込め始めた――ジャイアンツの指揮官人事 を完全暴露する

球界の盟主・巨人軍に激震が走った――。3年連続のリーグ優勝こそ果たしたものの、CSファイナルステージでライバルの阪神にまさかの4連敗。日本シリーズ出場を逃したことで、盤石に見えた原辰徳監督の政権基盤にヒビが入った。
「かねてから報じられていますが、巨人軍にはフロントの思い描く"ポスト原"の監督就任スケジュールがあると言われています。原監督が数年間監督を務めたあと、大物OBである松井秀喜氏にバトンタッチ。その後に高橋由伸外野手、さらに阿部慎之助捕手へとつなげるという青写真ができているともっぱらです」(全国紙運動部記者)
しかし、今回のCS敗退で、フロントは大混乱、描いていた"監督リレー"を根本から見直さなければいけない事態になってしまったという。

ベテラン野球記者の江尻良文氏が巨人軍の内情を説明する。
「巨人軍にとって、優勝するというのは日本一になること。リーグ優勝は単なる通過点にすぎないんです。巨人の監督は、3年連続で日本一を逃せば、責任を取って辞めなければならないという不文律がある」
昨年、原監督は楽天に敗れて日本一を逃し、今年は日本シリーズにすら出場できない。もし来年、日本一を逃せば、原監督は"3年連続日本一を逃した監督"ということで、辞任せざるをえなくなる。
「3年契約の原監督の任期は来年で切れますが、日本一の座を奪還してさえいれば、当然、延長されると見られていました。CSでの敗退は、巨人の監督人事を根底から揺るがす事態になってしまいました」(スポーツ紙記者)

また、「原監督の次は松井監督」という流れは決まってはいたが、近々の話というわけではなかった。前出・江尻氏が解説する。
「私が渡邉恒雄会長にインタビューしたとき、会長は、"松井くんに恥をかかせるわけにはいかないから監督を頼むときは、巨人が万全の状態で、勝たせることができるときだ"と明言していました。しかも、"いきなり監督に就任させるのではなく、その前に、コーチとして修業してもらわなければならない"とも言っていた」
今季の巨人は攻守の要である阿部捕手の不調をはじめ、投手陣も崩壊。チームはボロボロの状態の中、原監督の采配でどうにか勝ちを拾ってきたのは周知の事実。
今回のCS敗退で、今の巨人は渡邊氏の言う「万全の状態」でないのは明白である。しかし、元巨人軍投手で野球評論家の橋本清氏はファンの気持ちを代弁するかのように、こう熱く語る。
「巨人ファンに限らず、今の野球ファンが一番見たがっているのは、巨人の監督としての松井さんです。たとえコーチ経験がなくても、いきなり監督をやってもいいのではないかと思う」
そんな熱いエールにもかかわらず、当の松井氏本人には、その気がないらしい。

「具体的に監督になるための準備をスタートするとか、そのための勉強をやろう、という積極的な姿勢が見られない」(巨人軍関係者)
松井氏は今春の巨人軍の宮崎キャンプで臨時コーチを務め、若手選手の指導に当たった。
「巨人としては"来年も松井氏にお願いしたい"と考えていたようですが、球団の打診に対して松井氏は難色を示しているそうです」(スポーツ紙デスク)
こうした態度に対して、江尻氏は言う。
「結局、松井という男は、なんでも自分のペースでやりたいんですよ。昔から遅刻魔として知られていたけど、"どうせ遅れるんだから、今さら慌ててもしょうがない"という哲学を持っている。周りから、やいのやいの言われても、自分が納得しない限り動かない」

今春の宮崎キャンプでも、松井氏は球団が用意した巨人軍のユニフォームを断わり、グラウンドコートを着て、グラウンドに立った。
「球団側のレールに乗っての既成事実は作らせたくない、という思いがあるんじゃないか。恩師である長嶋茂雄巨人軍終身名誉監督は、"巨人に帰ってこい"というアドバイスを送っていたが、なかなか首を縦に振らない松井に対して、"あんなに慎重居士だとは思わなかった"と漏らしていたらしい」(ベテラン記者)
こうした意固地とも言える松井氏の態度も、原政権が無難に続けば問題なかったが、CS敗退により巨人の監督人事が風雲急を告げる事態となってしまった。

次ページ >> 松井秀喜「巨人軍監督 就任白紙」全舞台裏

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.