日刊大衆TOP 社会

不謹慎な病院!?麻酔手術した患者に「破廉恥ないたずら」

手術や大がかりな検査などで欠かせないのが麻酔。全身麻酔や局所麻酔の違いはあれ、患者の痛みや不安を取り除くには欠かせないものとなっている。

しかし…麻酔後に眠ってしまい、目覚めると屈辱的な姿だったとしたら、貴男はどうするだろうか?

アメリカの男性が、極度の苦痛、困惑、屈辱などを受けたとして病院を訴えた裁判が注目を集めている。

原告の男性(32)によると、その日、電子カメラを肛門に挿入して、ガンやポリーブなどを見つけるための大腸内視鏡検査を受けていたという。よほど麻酔がきいただろう、気付くとすでに検査は終わっていた。

だが…何やら股間のあたりがやけに息苦しい。不審に思い、自分の下半身を見てギョーテン! 何と、タマがはみ出てしまいそうなピンク色した女性用パンティーを穿かされていたというのだ。

「自分で女性用のパンティを穿いたなんて考えられない。間違いなく病院の関係者が穿かせたものだ!」
と同氏は怒りに震え、訴訟を決意したという。

真相は裁判で明らかとなるだろうが、同じく肛門にカメラを挿入された経験のある知り合いの記者によると、

「異物が入ってきた瞬間、気持ち良くて思わず“アウ~~ッ!”という声が洩れてしまった」

とのこと。一瞬、“アッチ”に目覚めることを“ケツ意”しそうになったというから…無意識のうちに自分で女性用のパンティを穿いていた、なんて可能性も捨てきれない!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.