日刊大衆TOP 芸能

寺島進インタビュー「Vシネは俺にとって一筋の光明だった」

寺島進インタビュー「Vシネは俺にとって一筋の光明だった」

1989年、世の中はバブルに浮かれ、華やかで浮かれたトレンディドラマが隆盛を極めていた時代に、主にレンタルビデオ店で貸し出されるための映画として東映Vシネマが誕生した。そこで繰り広げられるのは、オシャレとは程遠い、一般映画でもテレビドラマでも描けない、暴力、カネ、エロスにまみれた世界。そんな社会からはみ出したアウトローたちの血沸き肉躍る物語に、トレンディな世の中に馴染めない不良たちは熱狂し、こぞってレンタルビデオ店に詰めかけた。そこで熱狂的に支持された男たちがいた……。

あれから25年。幾多の"Vシネマ帝王"が生まれては消えたなか、いまだVシネマ界で、またそれ以外の場でも、熱狂的に支持され続ける男たちがいる。
今回、東映Vシネマ25周年を記念して、そんな男たち、哀川翔、寺島進、小沢仁志、小沢和義、浪岡一喜、本宮泰風、大杉漣、温水洋一、竹中直人……などなど、魅力的な面々が再び大集結! 25億円を25人の悪党たちが奪い合う、ザ・Vシネマな映画、『25 NIJYU-GO』が製作された。

Vシネ特別インタビューの最終回を締めくくるのは、北野武監督作品でもおなじみの寺島進が登場! 今や誰もが知る一流俳優、しかし25年前は大部屋俳優だった!? Vシネマ25年の歴史とともに自らの半生を振り返る!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

――寺島さんは記念すべき東映Vシネマ第一弾、『クライムハンター』(大川俊道監督 89年)にもご出演されているんですよね。

寺島 そう。もう25年前だから、俺が大部屋でやってる頃かな。
Vシネが誕生した最初って、映画でもできない、テレビドラマでもできない、画期的なものを作ってやるぞ! って趣旨があったじゃない? 『クライムハンター』はその初めての試みだから、現場はすごく活気があってキラキラしてたな~。とにかく銃器にこだわっていて、すごいガンアクションをやってやる! というテーマの作品で楽しかったね。

――寺島さんはどういう役だったんですか?

寺島 剣友会にいたころだからアクション要員でね。サブマシンガンをブッ放しながらビルから落っこちていく役だった。でもちゃんと"赤っ鼻"って役名をもらったんだよ。だから『よし! このアクション、キメてやる!』みたいな、いい意味で気負っていた部分があったかなぁ。

――実際、キメました?

寺島 そりゃ、ちょっとはアピールできたんじゃない?(笑) そのときは役者として25年やっていけるなんて思っていないわけでしょ? 小さい役だったけど、俺にとっては『この先やって行けるかな……』と思えるような、一筋の光というか、そんな現場だったね。

――よく「Vシネマの現場は過酷」といいますが、寺島さんの思い出に残る、大変だったVシネマって何ですか?

寺島 大変っていうか、よく覚えてるのは『ピアスの女』(辻裕之監督 95年)っていうSMの世界を描いた作品があって。ヒロインが風吹アンナちゃんと、松本コンチータっていう濃いメンバーだった。風吹さんは本物のSだから……いやSだったかMだったか忘れたけど(笑)、とにかくホンモノだから、芝居的には辻監督が「OK」を出してるんだけど、「いや、リアルに考えたらこうはならない」とか言って納得しないんだよ(笑)。それでまた芝居を直したりしたことがあったね。俺なんか全然わからないから、それを聞いて『そうなんだ、ローソクってこうやって垂らすんだ。縛るときはこうやって縛るんだ……』なんて勉強させてもらったんだけど。


次ページ >> 寺島進インタビュー「Vシネは俺にとって一筋の光明だった」

寺島進インタビュー「Vシネは俺にとって一筋の光明だった」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.