日刊大衆TOP 芸能

極秘改造ボディ 綾瀬はるか「おっぱい日本制覇」大野望 vol.2

[週刊大衆1月28日号]

着物姿のときは、彼女のナイスバディも目立たなくなるが、隠しきれないのが豊満なヒップ。綾瀬自身は「お尻は大きくて、あまり好きじゃない」と語るが、「昨年末にNHKで放送されたドキュメンタリー『輝く女 綾瀬はるか』では、着物姿の彼女の尻の部分の布がピーンと張って、ヒップラインがクッキリ。尻フェチにはたまらない光景でした」(テレビ誌記者)と評価は高い。

実際、最近の綾瀬は着物にハマっているそうで、「持っている着物は100枚以上。プライベートでもよく着るそうです。しかも作法どおりにノーパン、ノーブラで着用することが多いとか。NHKも"綾瀬がノーパン、ノーブラで奮闘中!"と宣伝すれば、視聴率アップは間違いないですよ!」(織田氏)

前出の『輝く女~』は、昨年、7カ月間にわたって綾瀬に密着した貴重な映像が満載だったが、「『八重の桜』の撮影を控え、彼女が薙刀を練習するシーンがエロかった。稽古に夢中になりすぎて青の道着の胸元が開いてしまい、あわや、おっぱいポロリ。あの映像は本番でも放送してほしいです」(前出・テレビ誌記者)

さらに綾瀬を語るうえで欠かせないのが"天然"と称されるおとぼけキャラだ。

映画『プリンセス トヨトミ』のロケで、大阪城を見た彼女が「大きなお寺ですね~。あ、違った、神社でした」と、共演の堤真一に語ったのは、あまりにも有名なエピソードだ。

その天然ぶりは、あの大物俳優までメロメロにしている。
「昨年公開の映画『あなたへ』で共演した、あの高倉健をもノックアウト。健さんに"耳が大きいですね"なんて気軽に話しかけて、寡黙な健さんが彼女にはやけに饒舌だったのが印象的です。最後には、もう少し話そうと彼女にラブコールまで送っていましたよ」(製作会社関係者)

天真爛漫さで、スタッフはもちろん、芸能界の大物も虜にしてしまう綾瀬。
「実は、6日の初回放送は綾瀬さんはほとんど出演していませんでした。登場シーンが増えれば、30%もあり得ます」(NHK関係者)

肉体改造に成功した綾瀬が、自慢のバストで、"おっぱい日本制覇"を達成する日は近そうだ。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.