日刊大衆TOP 芸能

ダメ虎再生を買って出た阪神 掛布道場が大盛況

[週刊大衆02月24日号]

今月1日から一斉にスタートしたプロ野球キャンプ。
巨人軍の松井秀喜臨時コーチに注目が集まっているが、「掛布雅之GM付育成&打撃コーチ(DC=58)のいる高知県・安芸の阪神二軍キャンプも大盛り上がりですよ。掛布目的のファンが連日、数百人単位で詰めかけています」(スポーツ紙・阪神担当記者)

昨シーズンの終わり、25年ぶりに指導者として古巣に復帰した掛布DC。
秋季キャンプでは早くも、その指導力が評判になったが、このキャンプでも、それをいかんなく発揮している。
「初日からやる気満々で、朝6時30分から宿舎の大広間に選手を集めて素振り練習。随所に掛布流が見える指導で、素振りに使ったのも掛布オリジナルの"ゴムチューブバット"でした。教え方が新鮮でわかりやすい"掛布道場"は、選手たちにも大評判です」(前同)

掛布流指導法の特徴のひとつは、徹底的にバットを振らせること。
「掛布さんが現役時代に小柄ながらも本塁打を量産できたのは、徹底的な素振りの賜物。解説者時代にも、"いまの選手はバットを振る回数が足りない"と語っていて、今回のキャンプでも、掛布さんの意向で素振りの時間が設けられました」(阪神球団関係者)

また、掛布DCは「個室で選手と2人きりの練習時間を持ちたい」と言っており、宿舎に帰ってからは、連日、密かに"夜の掛布道場"が開かれているようだ。
「昨秋のキャンプでは、若手の伊藤隼太をホテルの自室でマンツーマン指導したんですが、これが効果抜群。それで"オレにもやってほしい!"という選手が続出していて、今回も宿舎に畳を持ち込んで指導しているようですね」(前同)

今月12日からは沖縄の一軍キャンプに合流して、主力選手も教える予定だ。
「球団とは、今年1年は若手を中心に見るという話になっていたんですが、新井や西岡ら一軍選手たちから掛布DCに指導してほしいという声が上がっていて、ベテラン陣の指導も解禁されたようです」(同)

その中でも、球団として掛布DCに密かに期待しているのが、あの超ベテラン選手の再生だという。
「福留ですよ。総額6億円とも言われる金額で獲得したのに、昨年は散々な結果。球団は焦ってます」(前出・阪神担当記者)

掛布DCも福留のことは気にかけていて、「同じ右投げ左打ちのスラッガーとして、指導することがあれば助けてあげたい」と言っている。

ベテラン大砲の再生なるか!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.