日刊大衆TOP 芸能

落合博満GMが止まらない! まだまだ続く「中日ドラゴンズ」大改造プラン

[週刊大衆11月17日号]

周囲をイエスマンで固めて、気に入らない選手やコーチのクビはバサバサと切り落とす、戦慄事態を生中継!

「いまや、周囲はイエスマンばかり。"尾張の金正日"と陰口を叩かれています」
中日球団関係者が声を潜めてこう話すのは、落合博満GMのこと。
その"独裁者ぶり"は10月23日に行われたドラフト会議でも発揮されていた。
「中日が1位指名したのは、三菱日立パワー横浜の野村亮介でした。しかし、ドラフト当日まで、亜細亜大学の山崎康晃で球団内の意見は一致していたんです。それが、落合GMの鶴の一声で、土壇場になってひっくり返ったらしいんですよ」(スポーツ紙デスク)
現場スカウト陣の調査や意見に一切耳を傾けず、独断で1位指名を変更したと言うのだ。その独断専行はシーズン中からのこと。
今年、落合GMは誰にも予定を教えずに、都市対抗試合など全国に神出鬼没。
「スカウト陣は現場で落合GMと鉢合わせとなって驚いたというケースは枚挙にいとまがありません。自分の目で"金の卵"を見定めたいという理屈はわからなくもないですが、現場スカウトの間では"オレたちは必要なのか!?"と不満の声が上がっています」(前同)

さらに今オフ、FAの目玉となる"楽天・嶋基宏獲り"に関しても、落合GMの独断が影響するという。
「嶋は中日の地元である中京大中京高校の出身ですし、華のあるスター選手。"ポスト谷繁"が至上命題の中日にとっては、喉から手が出るほど欲しい逸材なんですが、これまた落合GMの反対で撤退することになってしまったようです」(同)
まさに"落合帝国"といった様相を呈してきた中日ドラゴンズ。その"絶対君主"が今、自らの帝国をより強固なものにしようと"大改造プラン"を推し進めようとしている。

次ページ >> 落合博満GMが止まらない! まだまだ続く「中日ドラゴンズ」大改造プラン

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.