日刊大衆TOP 芸能

芸能美女の「パンチラ・胸チラ・秘部」 見えちゃった瞬間

[週刊大衆11月17日号]

「いやあ、見えちゃったんですよねー。あの瞬間はホント、神が舞い降りて、時間が止まったようでした」
こう興奮気味に語るのは、新人の写真誌記者。"神を見た"のは、人妻不倫ドラマ『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』(フジテレビ系)の打ち上げが行われた9月26日夜のこと。
「銀座の高級ダイニングバーで開かれていたので、張り込んでいました。そこにベンツのゲレンデヴァーゲンで乗りつけてきたのが、女優の吉瀬美智子(39)。薄いサマーニットに超ミニスカートといった、かなり大胆な衣装でした」(前同)
車高の高い車種であるため、写真誌記者は咄嗟に腰を低くしてカメラを構えた。
「ドアが開いて、吉瀬さんが降りようとした瞬間、スラリとした生足と、ミニスカの奥――夜目にも明るい白かピンク系のパンティがチラリと見えたんです。しかも、布の面積が小さいのか、股間の付け根まで拝めたんですよ!」(前同)
どんなに疲れていようと、一瞬で男の目をカッと覚ます美女のチラリズム。ましてや大女優のナマパンチラとなれば、元気も100倍!
そこで本誌はお疲れ気味の働く男たちのため、芸能美女たちのパンチラ、胸チラ、さらに秘部まで見えちゃった目撃談を徹底取材した!

「前回の『ドクターX』(テレビ朝日系)の打ち上げの時でした。12月の極寒の中、主演の米倉涼子(39)が店の外に出てきたんです。共演者の西田敏行が早く帰るため、見送りに出たようでした」(夕刊紙記者)
寒さに震えながら張り込んでいた記者たちだが、米倉の服装を見るなり、体も股間も熱くなったという。
「米倉は黒のノースリーブに下はパンツという格好で"西田さん、またね!"と西田に抱きついたんです。その瞬間、ノースリーブのワキが全開になり、たわわに実った小玉スイカ級の横乳も服の隙間からモロ見え。その場にいた報道陣全員が、"おおっ!"と、どよめきましたね」(前同)
アイドルも負けてはいない。自慢の乳首を公開したのがAKB48の小嶋陽菜(26)。
「下着姿での撮影時、小嶋は衣装のブラジャーの下にニップレスを着けていたんですが"かゆい~!"と言い出し、自分で剥がした。その結果、スタイリストやカメラマンには、こじはるの乳首が何度も見えたといいます。現場スタッフによると"小ぶりな乳輪で綺麗な薄~いピンク色"だったそうです」(女性誌記者)
くぅー、想像するだけで軽く3発はヌケるぜ!

TV美女研究家の八木晶王氏も、こう言う。
「この世で一番エロいものは、"見てはいけないものを見てしまった瞬間"なんです。芸能美女のパンチラは、まさにそれ。自分はいまだに、かつて松浦亜弥(28)がライブ中に衣装がずり落ち、ブラが見えてしまった伝説のワンシーンを思い出すだけで、背筋に電流が走ります」
そんな最強エロスを求めて、今日も記者たちは東奔西走して奮闘する。特に記者会見や制作発表では、芸能美女が壇上の椅子に座ることが多いため、パンチラ天国なのだ。

なかでも長澤まさみ(27)は、パンチラ女王だという。
「2013年の映画『清く柔く』のときなんて、太腿の中央よりも上の極端に短いワンピースで登場。椅子に座った時点で黒の三角地帯がモロに見えていました。一瞬、手でスカートの隙間を隠すものの、トークに夢中になるとまた"開放"。股間にばかりピンが合って、まともな写真が撮れなかったよ」(芸能記者)
タマらず前かがみになっていたんじゃないのか!?

長澤同様、パンチラ率が高いのは真木よう子(32)だ。
「今年の『キネマ旬報映画祭』授賞式では、黒いパンスト越しに白のパンティがチラリ」(映画関係者)
『キネマ旬報映画祭』の授賞式は"パンチラ祭"としても有名なんだとか。
「11年の受賞作『八日目の蝉』では、主演の永作博美(44)が椅子に座るや、スカートの裾を横に流して正面がガラ空きに。黒パンティが、お尻に食い込んでいる光景まで拝めましたよ!」(エンタメ誌記者)

次ページ >> 芸能美女の「パンチラ・胸チラ・秘部」 見えちゃった瞬間

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.