日刊大衆TOP 寺西一浩

第26回 俳優デビューの内山麿我君とスペシャル対談‐映画『東京』11月8日全国順次ロードショー!浜田ブリトニーさんも対談乱入(笑)

2014-11-06

止まらないキスの秘密
http://www.lovecosmetic.net/
「もう何度したのか覚えていない」

100年先まで残したい「超・人間カタログ」東京レジェンドNAVI

001

10月30日、国立競技場代々木第二体育館で開催された第5回東京ボーイズコレクションは盛会の中、幕をおろしました。
私は主宰者として参加してくれた出演者一人一人が主役のコレクションを目指したいと思って取り組みました。
当日……ランウェイを歩いたモデル、歌手が笑顔で輝いていたので本当に良かったと思いました。
照明さんも音響さんも、すごく頑張ってくれました。裏方あってのイベントです。感謝しかありません。

もちろん、映画「東京~ここは、硝子の街~」のランウェイステージもあって、出演者がランウェイを歩きましたよ!
かっこよかったです。

その中で歓声が大きかったのは内山麿我くんでした!
映画『東京』で俳優デビューし、話題になりましたね。
そんなマロ君と、第5回東京ボーイズコレクション開催中、楽屋で対談しました。今日は、その模様をお届けします。

002

「マロくん(写真左)、今日は、ボーイズコレクションに出演してくれてありがとうございます」

「こちらこそ、呼んでいただいて光栄です」

「実は、マロくん、ボーイズコレクション出演は2回目だよね」

「はい、前回も出させて頂きました」

「ダンサーではなく、ボーイズコレクションでは歌手として出演して頂いてます。歌ってるマロくんは本当に楽しそうですね」

「楽しいです。もちろん、演技をすることも楽しいですね。」

003

「今回、映画『東京』に出演して頂き、その映画がモントリオール世界映画祭にも招待されまして、マロくんの体当たりの濡れ場や演技も、かなりノミネートへ影響したと思います」

「僕もモントリオールに行きたかった(笑)。監督には”濡れ場”うまいね!って褒めてもらえて、嬉しいんだか、恥ずかしいんだか不思議な感覚でした(笑)。でも、よく見ると本当にピュアで”純愛”をテーマにしてる作品だと思いました。もう一回言いますが、僕も本当にモントリオールに連れてって欲しかったですよ(笑)」

「今度、海外の映画祭に行く時が来たら、その時は一緒に行きましょうね」

「はい、ぜひ宜しくお願いします」

ここで、浜田ブリトニーさんが楽屋に入って見えて、対談に加わりました!

005

「あら~監督、何してるの~?」

「浜田さん、マロ君と今対談してるんですよ。調度良いから、ブリトニーさんにも聞いちゃう! 映画『東京』を見た感想あったら教えてくださいよ!」

「もぉ~、私はジャパンプレミアで『東京』を見たんですが、めっちゃ良かったですよ~。もちろん、マロ君の体も綺麗でした(笑)。今までにないジャンルの映画って感じでしたね。私は好きな映画です。11月8日の初日舞台挨拶と上映にも絶対に見に行きます!」

「ブリトニーさんに、見て頂けて光栄ですよ。そう言えば、次の私の監督映画は、マロ君とブリトニーさん共演しますよね。今の気持ちはどおですか?」

「もう、めっちゃ頑張ります!そして、海外の方々にもたくさん見て頂きたいから、命がけです!」

実は、内山麿我くんと、浜田ブリトニーさんは、次の私の映画監督作品『新宿ミッドナイトベイビー』で共演します。
そちらは、また、追々、皆様にご報告致しましょう!
さて、今週の土曜日、ついに、映画『東京~ここは、硝子の街~』が、ヒューマントラストシネマ渋谷他全国順次ロードショーします。

今週土曜のヒューマントラストシネマ渋谷は、21時10分~舞台挨拶します。
初めてです……こんなに遅くに舞台挨拶するのは(笑)。
皆さん、ぜひ、お越しくださいね。出演者もたくさん登壇します。
ちなみに、私も、日本の映画館で『東京』を見るのは、今週土曜日が初めて!
皆さん、ヒューマントラストシネマ渋谷でお会いしましょう。

◆映画「東京~ここは、硝子の街~」公式サイト
http://www.teranishigumi.com

004



寺西一浩(てらにし かずひろ) プロフィール
1979年10月2日生まれ
3歳で、女優・山岡久乃に見初められ子役として活動。慶應義塾大学法学部卒業。慶應大学在学中に出版したエッセイ『ありがとう眞紀子さん』が話題となり文壇デビュー。
その後、24歳の時、業界最年少で芸能プロダクション、株式会社トラストミュージックエンタテインメント代表取締役に就任し島倉千代子歌手生活50周年事業を成功させる。
その後は、小説家、プロデューサーとして活躍。著書に、「クロスセンス」「新宿ミッドナイトベイビー」「女優」、世界初電子書籍連載小説「Mariko」を配信。
2011年、「女優」が映画化されるにあたり、自身が監督デビュー。
「女優」は、第15回上海国際映画祭正式招待作品に選ばれ主演・岩佐真悠子とレッドカーペットを歩く。また、第25回東京国際映画祭、東京中国映画週間特別上映作品に選ばれ開幕式でグリーンカーペットを歩き話題となる。2013年、映画「東京~ここは、硝子の街~」を監督・脚本・プロデュース(出演:中島知子、田島令子他)。日本最大級の男性ファッション&音楽イベント「東京ボーイズコレクション」を大原英嗣氏と共に主催。ゴールデンバード賞主催。2014年、「新宿ミッドナイトベイビー」が映画化決定。


【関連書籍】
島倉家 これが私の遺言
島倉家
これが私の遺言
新宿ミッドナイトベイビー
新宿ミッドナイト
ベイビー
ありがとう 眞紀子さん
ありがとう
眞紀子さん
クロスセンス
クロスセンス
女優
女優
Mariko
Mariko

【映画・公演ポスター】
クロスセンス
クロスセンス
女優
女優
女優
女優
新宿ミッドナイトベイビー
新宿ミッドナイト
ベイビー

【イベント】
【寺西一浩公式ブログ】

大衆のオススメ


  • 「もう何度したのか覚えていない」彼を豹…

オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.