日刊大衆TOP トレンド

サラリーマンの生涯年収を2年で稼いだ男! そのメソッドとは…?

サラリーマンの生涯年収を2年で稼いだ男! そのメソッドとは…?

画像提供=テレ玉

37歳の男性が、約1億4000万円を脱税したとして静岡地検に逮捕された。彼は2年の間に外国為替証拠金(FX)取引で約3億6800万円の所得を得ていたのだ。大卒のサラリーマンの生涯収入の平均が2億5000万円ほどと言われている昨今、彼は普通のサラリーマンが40年かかっても稼げない額を、わずか2年で手にしたことになる。

しかもこの3億円男、地方の自動車部品製造会社勤務であり、投資や金融のプロでもない。あくまで普段の仕事のかたわらにそれだけ儲けたという。いったいどのような手を使って、それだけの額を副業として得たのだろうか?

報道によると、彼はFXのシステムトレードを使用していたという。

ハイリターンだがハイリスクと言われるFX。リスクを被る原因のひとつが、外国為替は値動きが大きいということ。24時間取引可能ということは、24時間変動しているため、数時間目を離したすきに一気に目減りしているという可能性も大なのだ。また、投資全般に言えることだが、つい欲にかられ売買ややめるタイミングを見誤り、損を大きくしてしまうという心理的な原因もある。ところがシステムトレードは、定められたプログラムが機械的・継続的に売買を繰り返してくれるため、長時間相場に張りつく必要もなく、人間とは違い売買のタイミングを冷静に計ることができるのだ。

これで、上記の3億円男がFXで莫大な額を儲けられた謎が解けたという人も多いのではないだろうか。

システムトレードの中でも、最近トレーダー達の間で評判が高いのがネット株式会社の「トレードFX」というソフト。数あるシステムトレードソフトの中でも、過去のデータの蓄積度はもちろん、ハイブリッド機能を搭載しているため、常に学習しその動向を活かし売買してくれるので急な変動にも対応可能。実際、ギリシア問題などの世界的な金融危機も、このソフトで切り抜けられたという利用者が多いという。また、金融・経済のリアルタイムの動向を常に自動分析し、利益の追求だけでなく、「損をしない」というリスク管理に優れ安定した収益を狙えるのも、24時間相場に張りつくことができないサラリーマンに人気の理由のひとつである。

経済やFXについての詳しい知識も必要なく、お手軽に始めておまかせで利益を狙って運用できるのなら、始めない手はない。実際に3億円を稼ぎ出した例があるのだから、効果は折り紙つきだ(もちろん脱税は絶対にしないように!)。「トレードFX」の資料請求は下記リンクより無料で簡単にできる。資料請求者には、300円分のクオカードがプレゼントされるキャンペーンも現在実施中なので、興味のある人は、今すぐ問い合わせてみてはいかがだろうか。
また、情報バラエティ番組「ガールズハッピースタイル」で「トレードFX」が今月放送予定である。

<PR>

サラリーマンの生涯年収を2年で稼いだ男! そのメソッドとは…?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.