日刊大衆TOP 娯楽

【井崎脩五郎】鍵握るスコットランド

競馬新理論 井崎脩五郎
鍵握るスコットランド


エリザベス女王の母国イギリスでは、今年、大きな騒動があった。スコットランドの独立問題である。

ニュースで繰り返し伝えられたように、イギリス(正式名称は大ブリテン島および北アイルランド連合王国)は、四つの地域によって構成されている。「イングランド」「スコットランド」「ウェールズ」「北アイルランド」の四つ。この中のスコットランドで、イギリスからの独立運動が高まり、9月19日、住民投票が行われたのだ。結果は、10%以上もの差をつけて、独立反対派が勝った。このことは、今年のエリザベス女王杯に、必ずや影響を与えるのではないだろうか。

独立に関して「ノー」が大多数を占めたことで、「ノー」ザンファームの生産馬が上位を独占するのではないかという説が流れている。中でもラキシスは、オーナーが大島氏で、これが「大」ブリテン「島」に直結するというので、最有力視されている。これまでラキシスは、川田騎乗で距離が2000~2200メートルなら﹇3301﹈という好成績。連を外したのは、休み明けのうえに出遅れる不利のあった今年2月の京都記念(4着)のみ。それでも勝ち馬とは0秒3のところまで差を詰めてきたのだから、男まさりの底力である。

オールカマーのあとレース間隔を十分とり、チャンス濃厚。


■井崎脩五郎 プロフィール
1947年生まれ。東京都出身。競馬評論家・コラムニスト。独特のレース予想と明るいキャラクターで人気を博し、数々のテレビ番組に出演。多数のコラム連載も持つ。

【井崎脩五郎】鍵握るスコットランド

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.