日刊大衆TOP 社会

リベリア滞在ジャーナリスト「謎の正体」と消えない「生物テロの恐怖シナリオ」

[週刊大衆11月24日号]

「10月29日、世界保健機関は西アフリカを中心に広がるエボラ出血熱について、ついに死者が5000人を超えたという認識を示しました」(通信社記者)
感染者(疑いを含む)は1万3703人(10月29日時点)。致死率が4割近い脅威の感染症が日本上陸か? と列島が騒然となったのは、10月27日のことだった。
「羽田空港に到着した40代のカナダ国籍の男性が、発熱の症状を訴えました。感染の疑いもあったため、治療に対応できる東京・新宿の国立国際医療研究センター病院に緊急搬送、"強制隔離"されました。
病院前は報道陣でごった返し、付近の住民も不安そうに病院を見上げていました」(全国紙社会部記者)

男性は西アフリカのリベリアに滞在後、ヨーロッパを経由して日本に入国。
「その後の検査の結果、ウイルスは未検出。体温も平熱に戻ったため、隔離解除が通知され、本人の希望で30日未明に退院したようです」(同前)
これで騒動は収束したかに思われたが、この男性の"謎の正体"をめぐって、突如、キナ臭い話が浮上。〈日本でエボラによる生物テロを画策するカナダ人ジャーナリスト〉
この衝撃的な見出しが躍ったのは、アメリカのニュース専門放送CNNのサイト。記事は、彼が日本で"生物テロ"を企てていたと指摘する驚愕の内容だった。「日本生まれの彼は幼少時、両親とともにカナダに移住し、現在はカナダ国籍を取得。アメリカの新聞社の日本支局長を務めたこともあり、リベリアでエボラの取材をしていたそうです」(男性を知るフリーライター)

次ページ >> リベリア滞在ジャーナリスト「謎の正体」と消えない「生物テロの恐怖シナリオ」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.