日刊大衆TOP トレンド

【特集】本誌記者が脱メタボに挑戦!! 「男性エステ」体験レポート vol.1

3305 3360
「いつだって本気を出せば痩せられる」とタカをくくっていたメタボな日刊大衆記者が、一念発起。『年内に-5kg』を目標に、男性エステを利用してダイエットを開始した。数ある中から情報を精査し、力強いパートナーに選んだのは、『ラ・パルレ吉祥寺店』 。果たして本当に効果は出るのか? 結果に乞うご期待!

第1回 初日

社会人になって10年の月日が流れ、さらに「日刊大衆」という新たな仕事の多忙さからくるストレスで、大学卒業時より約12kgも太ってしまった記者。久しぶりに友人に会うと、「体も顔も大きくなったね」と言われる始末……。

顔は何だか四角くなってしまったし、二の腕も垂れていて、お腹だけじゃなく、背中にもお肉がついた。ムム、腹まわりは92cm!メタボリックシンドロームの基準は85cmなので、気付かないうちに、しっかりメタボになっておりました。

どうしよう……。

今までは、「いつでも痩せられる!」と強がってきたが、そろそろマズイかも。過去に何度か自力でダイエットしたものの、3kg程度落ちたところで満足してそのままにしておくと、気付けば元の体重に。

バドミントン部だったあの頃は軽やかに動けたよなぁ……。あの頃のように動きたい! 痩せたい!そこで、以前から気になっていた"男性エステ"に体験取材を敢行してみようと思いたった。

3260


数ある店舗の中で今回選んだのは、もっとも利便性が良かった「ラ・パルレ吉祥寺店」。

最初、WEBから体験予約を入れると、そのあと、健康状態の簡単なチェックを受ける。
そのまま当日を迎えて、いざ入店! 受付の女性が美しい。。。

ちょっとしたアンケートを記入し、身分証確認。そのとき、体験費用2000円を支払う。たった2000円で、本当に効果なんてあるのだろうか。

3279


そのあとは15分程度のカウンセリング。受付の美しい女性がそのまま担当してくれた。明るい雰囲気でとても話しやすく、気になっている部分を相談できた。

カウンセリング後、ガウンに着替えてサイズ測定。体重73.5kg、お腹まわり92cm!。やはり、メタボだった……。

3329


そのまま案内されると、個室に通された。施術担当は、加藤あい似のまたしても美しい女性。まず、温かいマットにくるまり、カラダ全体を温める。ビニール素材のシーツで覆うため、すぐに汗がじんわりと出てきた。脂肪燃焼効果のあるメソジェルなるものを腹部に塗っていくのだが、なかなかくすぐったい。声を出して笑ってしまった。

「くすぐったいですか?」

という笑顔にまた癒される。

3260


そこから、バスターと呼ばれる機器でお肉を吸い上げながらもみほぐして老廃物の排出を促していく。強さが選べるということなので試しに、

「強めで!」

と注文してみたら、とても痛い。すぐ、最弱に戻してもらった。お肉が気になる部分に当ててもらうと、老廃物が溜まっていたのかと実感できる。

3380


バスターの後は、さらにEMSという機器による筋肉刺激を行う。筋肉が勝手にピクピク動くので、ちょっと面白い感覚。筋肉を動かすので、運動しているのと一緒らしい。終わってみると、汗びっしょりだ。

これらの刺激に慣れてきたら、かなり強い設定でも大丈夫とのこと。そこまでいけば、マッチョになれるのだろうか。

施術を受けながらおしゃべりをしていると、加藤あいさん似の美女が記者にホレてしまったらどうしよう、なんて妄想をしてしまう……。いや、痩せる目的で来ているので邪念は捨てねば。
でも、こんなに気軽に女性としゃべれる機会なんて、何年ぶりだろうか?

今回「ラ・パルレ吉祥寺店」では、痩せたいと思っていた背中の部位も、的確にグイグイとやってもらった。終わってみると、硬かった部分が柔らかくなったし、温かい!

3396


さあ、施術後のサイズ測定だ。
体重が73.5kg→72.5kg!
お腹まわりが92.0cm→88.7cmに!
これほどの効果があるとは、いやはや。

確かに、これだけの効果があって、しかも女性とおしゃべりできるなら、ぜひ通ってみたい。というわけで相談した結果、割引もある15回コースを受けてみることにした。これから12月末までに、効果のほどを読者の皆さんに報告をしていきたいと思うので、お楽しみに!

取材・文:仲島理

【ラ・パルレ吉祥寺店】
http://www.parler.co.jp/

【特集】本誌記者が脱メタボに挑戦!! 「男性エステ」体験レポート vol.1

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.