日刊大衆TOP 芸能

芸能界新婚美女8人「アッツアツSEXライフ」マル秘実況中継 vol.1

[週刊大衆2月4日号]

いま芸能界では、真冬の寒さも吹っ飛びそうなアッツアツの新婚カップルが、次々に誕生している。

年明け早々、3歳年上のヘアメークアーティスト・S氏との結婚が明らかになったのは優木まおみ。
「2年前、彼が優木のヘアメークを担当したのがきっかけで、交際に発展したそうです。昨年6月にプロポーズされた彼女は快諾。ちょうど1年後の"プロポーズ記念日"となる今年6月に籍を入れると決めたんだとか」(女性誌記者)

S氏は中大ラグビー部出身で、水泳の北島康介にチョイ似のイケメンだが、「彼女にいわせると、熊本県の人気ゆるキャラ"くまモン"似だそうです。一部でカリスマ美容師と報じられましたが、正直、S氏はそこまでの大物ではない。逆にいうと、優木にとって、あまり面倒くさくない、コントロールのしやすい相手」(芸能記者)

東京学芸大卒の才媛で、"エロかしこい"グラドルといわれた彼女は、お笑い芸人にモテモテだった時期がある。
「次長課長の井上聡と交際していた頃は、ゲーム好きの井上に合わせて、一日中、彼のマンションでゲーム三昧。彼女は内心、不満を募らせていたといいます。S氏との交際で、やっと女の子らしいデートができるようになったと喜んでいたそうです」(芸能ジャーナリスト)

エッセイストの下関マグロ氏は次のようにいう。
「おそらく彼女は"早く妊娠したい"という気持ちでいっぱいのはず。となると当然、エッチも中出しが基本。排卵日や体温のチェックを欠かさず、デキやすい日に集中的にイタしているものと思われます」

6月の入籍までに、赤ちゃんがデキている可能性はズバリ、90%……!?

TUBEの前田亘輝と離婚してから11年になる飯島直子は、昨年12月25日、1つ年上の会社経営者と、クリスマスに入籍した。
マスコミ各社にファックスで結婚を報告した飯島だが、その文面は、〈3年ほど前から友人としてお付き合いさせていただいておりましたが、時が過ぎゆく中で本当に自然にこの日を迎えました〉というもの。相手は一般人なので、今後、会見する予定もないという。

飯島といえば、05年に発覚した新宿・歌舞伎町の売れっ子ホスト・O氏との熱愛が、あまりにも有名だろう。一時は彼との再婚説まで取り沙汰されたが、07年に破局。だが、その後も、彼女のホスト遊びの噂は止むことがなかった。

彼女の再婚について、TV美女研究家の八木晶王氏は、こう話す。
「年下ホストの若いエキスをさんざん吸い取ってきた飯島ですが、さすがに食傷気味になったんでしょう。ビフテキを食べ過ぎて、お茶漬けが恋しくなる心境といいますか。やっと落ち着くべきところに落ち着いたのかな、と」
さらに続けて、「再婚した以上、今後は人妻フェロモンを前面に押し出してほしいですね。濡れ場を演じるもよし、バラエティーで夜の夫婦生活をぶっちゃけるもよし。新生・飯島直子に期待したい」

美熟女で再び人妻となった飯島のエロスは、向かうところ敵なし!?

フジの秋元優里アナも、5歳年下の同局の後輩・生田竜聖アナと、昨年のクリスマスに入籍した。昨年8月、ツーショットでハワイに4連泊していたことが発覚。彼女による"つまみ食い説"もあった2人だが、結婚という形でケジメをつけた格好だ。
「入社2年目の生田アナは俳優・生田斗真の実弟ということもあり、フジの女子アナ全員から弟のように可愛がられていたんです。その彼を、秋元アナが抜け駆け的にパクッと食っちゃったんだから、ほかの女子アナからすれば面白いわけがないですよ」(女子アナウオッチャー)

それはともかく、ゴルフが大好きな生田アナに、秋元アナがコーチをお願いしたことから、2人は急接近したという。
「気がついたら、秋元アナに"男のクラブ"まで握られていたんでしょう。19番ホールはホールインワンだったという(笑)。まさに彼女の計算どおりの展開ですよ」(八木氏)

昨秋『ニュースJAPAN』を降板した彼女だが、「実は、降板は本人からのたっての要望だった。いま思えば、彼女はすでに生田アナとの結婚と子作りを視野に入れていたんでしょうね」(フジテレビ関係者)

"フジのおっぱい番長"の異名を取った秋元アナだけに、生田アナとの夜の生活の主導権も彼女が握っていることは間違いなさそう。

スピード婚の秋元アナに対して、いまだ入籍ならず、事実婚状態が続いているのが、昨年12月にTBSを退社した青木裕子だ。
「10年夏に熱愛が発覚したナインティナインの矢部浩之とは、いまも六本木ヒルズにある彼のマンションで同棲中。ところが、矢部は相変わらず煮え切らない。噂された1月の彼女の30歳の誕生日の入籍も結局、実現しませんでした」(芸能記者)

前出・下関氏が、2人の性生活をこう分析する。
「オットリした性格をしていそうな2人。そこから考えると、ポリネシアン・セックスを楽しんでいるんじゃないでしょうか。激しく抜き差しするのではなく、挿入したままの状態で、ゆっくりおしゃべりしたり、お酒を飲んだりして楽しんでいそう」

2月1日公開のvol.2に続く・・・。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.