日刊大衆TOP コラム

日刊大衆編集部ガチ体験 AGA治療でフサフサ日記 第33回

日刊大衆編集部ガチ体験 AGA治療でフサフサ日記 第33回

もっと画像を見る

髪は相変わらず順調に生えている。新しいヘアスタイルにチャレンジしようとして伸ばしているくらいなのだが、なにせ伸びるのが早い。これまで散髪は2カ月に1回だったのだが、2週間も経つと、もうかなり伸びてしまう。思い起こせば、この治療の開始当初はミノキシジルの副作用で、髪の毛以外の体毛なども濃くなる可能性が高いといわれたものだったが、そんなこともなく、順調にここまできた。背中の毛やヒゲが濃くなるような人も多いらしいが、私にいたっては、それすらもない。実に順調だ。

そんな中で最近の変化といえば、お酒を解禁したことだ。髪が生えたことで、気にせず飲むようになったわけではない。仕事が増えた忙しさで、ついついストレス発散にアルコールを求めてしまうようになってしまったのだ。

もっというと、シメのラーメンも解禁してしまった。さすがに、AGA治療を始める前のようにコッテリ油ギトギト麺でシメるなんてことはしなくなったが、飲んだ後は、あっさり醤油系のラーメンをついつい求めてしまう。もともと飲み出すと、基本、ツマミ類をほぼ口にしないほうなので、どうしてもシメは欠かせないのだ。ラーメンを食べるときはスープまで全部飲み干す性分なので、髪によくないのはわかっているのだが、これはポリシーというか、こだわりのようなものなので仕方ない。

理想としては、17時に仕事を終えてから、スポーツジムで汗を流し、その後に居酒屋で焼き鳥でも食べて帰る、というのが私の願望だ。そして22時には寝て、朝5時には起きて、しっかりと朝日を浴びて散歩する。こんな生活がハゲにはいちばん良いと思うからだ。しかし、今の私の不規則な暮らしぶりは、そんな理想には程遠い。いっそスッパリ仕事をやめて、海外にでも移住したいところだ。

海外で思い出したが、つい最近、フランス在住の医者に聞いた話では、フランスは気候的に曇天が多いのだという。曇り空が多いと、男も女も更年期障害になりやすいらしい。なぜかといえば、更年期障害に見舞われないためには、朝、きちんと太陽の光を浴びないとダメらしいのだ。朝起きたときに、機械でわざと強い光を当てるという健康法があるらしい。

その点、日本は太陽がいっぱい降り注ぐ。朝、日差しを浴びて、昼はまんじりともせずクーラーのある部屋で過ごし、夜は運動する。そして帰り際に焼き鳥を食う。これが私の理想のライフスタイルである。焼き鳥は食わないとダメなのかって? やはり焼き鳥はマストだろう。鶏は肉類の中でもいちばん体にいいというし。そんなわけで、焼き鳥のことを書いていたら本当に焼き鳥が食べたくなってきたので、今日の夜は焼き鳥を食べに行くことにしよう。


編集者が送る ガチの育毛プロジェクト ブログ

 

ヒルズタワークリニック
URL:http://www.htc-aga.jp/
診断時間10:00~23:00(完全予約制)
専門の男性スタッフが対応24時間365日相談無料
お電話:0120-36-9696

 

日刊大衆編集部ガチ体験 AGA治療でフサフサ日記 第33回

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.