日刊大衆TOP 社会

公園に出現した18メートルのジャイアントサイズコンドームに住民困惑!?

公園に出現した18メートルのジャイアントサイズコンドームに住民困惑!?

オーストラリア・シドニーの中心にあるハイドパークには記念碑としてオベリスクが建てられている。今月7日、その約18メートルのモニュメントにド派手なピンクのコンドームが被せられた。
突如公園にそそり立ったピンクのジャイアントサイズコンドームに地元の人たちは騒然となった。

これは「acon」という団体が12月1日の「世界エイズデー」に向け、HIV感染の予防と撲滅キャンペーンの一環として行ったもの。同団体は同時に、道行く人々に無料でコンドームを配布し、「セーフセックス」を訴えた。
しかし、地元の住民からは公共の場に「ふさわしくない」と不評の声も上がったという。

002
この衝撃的な光景はTwitterでも話題になった。


キャンペーンとしてのインパクトは大きく、効果的ではあるが、確かに小さなお子さんに「あれなあに?」と聞かれたら、ちょっと言葉に窮してしまうかもしれない。

公園に出現した18メートルのジャイアントサイズコンドームに住民困惑!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.