日刊大衆TOP 芸能

ズバリ本音で美女トーク☆安達祐実(女優)

[週刊大衆11月24日号]

ズバリ本音で美女トーク☆安達祐実(女優)

もっと画像を見る

"全裸でベッドシーンをやってみたい"とインタビューで話していた事が今回の映画で叶っちゃいましたねウフフ

「同情するなら金をくれ!」のフレーズで流行語大賞を獲得したのは平成6年……ちょうど20年も前のこと。酸いも甘いもかみ分けた"オトナの女"安達 祐実さん(33)の登場です。公開中の主演映画『花宵道中』では、吉原の花魁(おいらん)役に挑戦。ヌードになって激しい濡れ場を披露しています。

――今日はずいぶん大人っぽい服装ですね。黒と白のモノトーンのワンピース、よくお似合いです。

安達 フフ……ありがとうございます。

――最新主演映画の『花宵(はなよい)道中』。見ていてグイグイ引き込まれる、すばらしい作品でした。

安達 ありがとうございます。劇中では濡れ場もあるので、こういう作品って賛否両論あると思うんです。だから、力いっぱい演じました。

――主人公は、江戸末期の吉原遊郭で生きる遊女・朝霧。安達さんが演じたこの女性は、どんな人なんでしょうか?

安達 朝霧は、母親も遊女で、ずっと吉原で育ってきた女性です。自分の運命を当たり前だと受け止めて、覚悟を持って生きているんですね。だけど、吉原にドップリつかっているという雰囲気があまりない。遊女でありながら、すごく純真で透明で、少女らしい部分も併せ持っています。

――幼い頃から大人と一緒に過ごしながら、一方で変わらぬ透明感がある……まるで安達さんそのものみたいですね。

安達 そうですか?私も気がついたら芸能界という世界にいた、という感じです。いいとか悪いとか、好きとか嫌だとかっていう前に、もう日常でしたね。でも、朝霧は愛する人の出現によって、今まで自分で築いてきた世界観が、少し揺らいでしまうんです。このままでいいのか、と。

――安達さんにも、そういう"揺らぐ"瞬間はありましたか?

安達 若い頃は"恋愛=いけないこと"というイメージを持っていました。芸能界には、そういう風潮がありますし。ただ、"悪いことをしているわけじゃないのに、どうして隠さなきゃいけないんだろう"って、かなり反発を覚えたときもありましたね(笑)。

――大人に囲まれて過ごしていた安達さんですから、恋愛も早熟だったのでは?

安達 いえ、私、恋愛にはすごくうとかったんです。中学生のときは"仕事さえあれば何もいらない"くらいに考えていましたし、"恋愛している人の気が知れない"と、仕事に突き進んでいたんです。

――『家なき子』(日本テレビ系)の放映時がその頃でしたね。

安達 でも、高校生にもなると、"人に恋をするって、こういうことなのかなあ"と……。そうなると、"仕事だけでいいのか"と揺らぐこともでてきました。

――そういう"反抗期"だったのか、以前、あるインタビューで「全裸でベッドシーンをやってみたい」と話していました。覚えていますか?

安達 はい。その希望、今回の『花宵道中』で叶(かな)っちゃいましたね(笑)。

――すばらしいことです! 当時は、なんで、「全裸でベッドシーンをやってみたい」などと考えたりしたんでしょうか?

安達 10代後半とか20代前半は、"いい子"って言われたり、優等生キャラだと思われることが嫌な時期があったんですね。

――それはまた、なぜでしょうか?

安達 実際の私とギャップがあったんです。"みんながみんな、いい子、いい子って言ってくれるけど、私はそんなにいい子じゃない!"って。たぶん、"私は、正統派でマジメなだけの優等生じゃありませんよ"って、アピールしたかったんだと思います。

次ページ >> ズバリ本音で美女トーク☆安達祐実(女優)

ズバリ本音で美女トーク☆安達祐実(女優)

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

  • ズバリ本音で美女トーク☆高宮まり(プロ雀士) ズバリ本音で美女トーク☆高宮まり(プロ雀士)

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.