日刊大衆TOP 須田慎一郎

第31回 NHK受信料の集金強化で増収も…放送センター建て替えにより3000億円を投入

2014-11-17

経済ジャーナリスト 須田慎一郎が徹底予想!

NHKが、次年度(2015年度)からの3年間で約1000億円もの増収になる見込みなのだという。その最大の要因は、NHKサイドの説明によれば、受信料収入が大幅に増加することが予想されるためだ。

とはいっても、我々が払っている受信料が値上げされたわけではない。むしろ、2年前に値下げされたところだ。また、NHKの受信者が増えたわけでもない。

にもかかわらず、なぜ受信料収入が増加しているのかというと、支払率の増加を見込んでいるためだ。

この「支払率」とは、NHKを受信していると思われる人(世帯)のうち、きちんと料金を支払っている人(世帯)の割合を示したものだ。

改めて説明するまでもないと思うが、NHKの受信料は法律によって支払うことが義務づけられている。ところが、受信者全員が受信料を払っているわけではなく、今年3月末時点で、支払っている人は全体の75%程度にとどまっているのが実情だ。驚くべきことに、4人に1人が払っていない計算になる。

とはいってもNHKサイドも、そうした状況を放置しているわけではなく、集金人を数倍に増やすなどして、受信料の集金を強化している。

さらにここ最近では、悪質な未払い者に対しては民事手続き、つまり裁判手続きをとるなど、逃げ得を許さない方針を強く打ち出している。

こうした対策が功を奏し、ここ近年支払率はじわじわと上昇しつつあるのだという。

「支払率に関しては、毎年1~2ポイントずつ増加している」(NHK関係者)

そしてこの支払率の上昇が、大幅な増収に直結していることは間違いない。

ただし問題なのは、そうした“大幅増収”が、なかなか視聴者に還元されない点だ。

NHKサイドは増収分を「東京・渋谷の放送センターの建て替え費用に充てる」としているが、計画では、建て替えのために3000億円もの資金を投入するのだという。果たして、そんな豪華な放送センターが必要なのだろうか。

そんなところに多額のカネを使うよりも、受信料をもっと値下げすべきではないだろうか。


須田慎一郎(すだ しんいちろう) プロフィール
1961年、東京生まれ
経済ジャーナリスト。日本大学経済学部卒。経済紙の記者を経て、フリー・ジャーナリストに。「夕刊フジ」「週刊ポスト」「週刊新潮」などで執筆活動を続ける傍ら、テレビ朝日「ビートたけしのTVタックル」、読売テレビ「たかじんのそこまで言って委員会」、テレビ大阪「たかじん NO マネー」、ニッポン放送「あさラジ」他、テレビ、ラジオの報道番組等で活躍中。 また、平成19年から24年まで、内閣府、多重債務者対策本部有識者会議委員を務める。政界、官界、財界での豊富な人脈を基に、数々のスクープを連発している。

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.