日刊大衆TOP 社会

母乳を噴射攻撃!おっぱい強盗事件が勃発

強盗犯が突きつけたものは、拳銃でもナイフでもなく、なんと「おっぱい」だった!?

事件起きたのは、ドイツのヘッセン州南部の町ダルムシュタット。黒髪の女が薬局を訪れ、搾乳機を買いたいとスタッフに話しかけた。商品を購入するために200ユーロ札を差し出し 、スタッフがそのお金を受け取ろうとしたその瞬間。女は着ていた服をまくり上げ、自分の乳首を摘まむと、スタッフに向かって母乳を噴射したのだ!

女はその隙にレジカウンターの中を漁り、さらに隣のレジでも母乳を撒き散らした。店内が混乱する中、女はそのまま逃げ去ったという。

店のレジからは100ユーロ(約14000円)が盗まれており、警察では現在おっぱい強盗の行方を捜査中とのこと。女は黒髪をポニーテールにしており、聞いたことのない言語を話していたそうだ。地元の警察は、
「まったく信じられない」
とコメントしている。

母乳で威嚇するおっぱい強盗。もし妊婦や経産婦によるおっぱい強盗団が結成されたら……脅威である。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.