日刊大衆TOP 芸能

【追悼】名優・高倉健 関係者が語る「ホンモノ男力」エピソード

俳優の高倉健さんが10日午前3時49分、悪性リンパ腫のため83歳で亡くなった、と各種メディアが一斉に報道した。日本が誇る名優の突然の訃報に、編集部も騒然となった。雑誌「週刊大衆」では2012年9月10日号で掲載した『共演者たちが一瞬で惚れる高倉健「ホンモノ男力」エピソード集』という記事を、今回再掲載する。

改めて、高倉健さんのご冥福をお祈りします。


ビートたけし、志村けん、綾瀬はるかもメロメロ!

「緊張してます。一生懸命やりました」と、完成披露試写会で照れくさそうに挨拶の言葉を述べたのは、ご存じ、"昭和最後の映画スター"高倉健(81)だ。
6年ぶりに、降旗康男監督の『あなたへ』(東宝、25日公開)で、スクリーンに戻ってきた。
私生活を一切公開しない健さんのこと。かつて、"死亡説"が流れたこともあり、長い長いブランクを経てのカムバックだけに、公開前から話題沸騰。
18日に放送された『SmaSTATION!!』(以下=スマステ、テレビ朝日系)では映画公開を祝して健さんの特集が組まれ、あのビートたけしが、こんな"高倉健伝説"を明かした。
〈雪の中でね、深夜に着いたのかな。雪がワーワー降ってて、ドア開いたらね。20年前だけど、花束を持って健さんが立ってたの。驚いちゃってさ。「高倉です」とかいって「今回はありがとうございました」って花(束)もらっちゃって……〉
たけしが健さんと初共演した映画『夜叉』(85年)の撮影現場のこと。現地入りした、たけしを出迎えたときのエピソードだ。
映画界の至宝といえる男に、雪の中、わざわざ出迎えられたのだから、さすがのビートたけしも大感激。以来、本誌既報のとおり、この2人は互いに"健さん""たけちゃん"と呼び合う仲になった。

次ページ >> 【追悼】名優・高倉健 関係者が語る「ホンモノ男力」エピソード

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.