日刊大衆TOP コラム

日本より「海岸線」が長い国は?

[週刊大衆12月01日号]

「日本は小さな島国」。一般的には、そんなイメージが浸透しています。確かに、地図で中国やアメリカなどと大きさを比べると、いかにも小さく見えます。しかし世界全体で見れば、日本はそれほど小さな国ではありません。日本の国土面積は約38万平方キロ。国連統計局のデータでは、世界で61番目の大きさとされています。国連加盟国は193か国ですから、日本より小さい国が132か国もあるわけです。ヨーロッパ諸国と比べても、日本より広いのはフランス、スペイン、スウェーデンの3か国。あとの国はすべて、日本より狭い国土面積しか持っていません。

さらに驚くのは海岸線の長さです。アメリカで公表された「海岸線の長さランキング」によると、日本の順位は世界6位。堂々のベストテン入りを果たしています。次の5か国は、いずれも日本よりはるかに大きな国土を持つ国ですが、この中で日本より海岸線の長い国は、たった1か国だけだそうです。その国とは?

(1)中国
(2)ロシア
(3)アメリカ
(4)オーストラリア
(5)インド


答えはココを押す! 答え :(2)


出題:浜川卓也

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.