日刊大衆TOP 芸能

爆弾美女 壇蜜の「美しすぎるアソコの秘密10」 vol.2

[週刊大衆2月11日号]

そんな壇蜜にも、NG事項が一つだけあるという。
「雑誌のグラビアで、M字開脚はダメなんです。といっても、1ページ目じゃなければOK。なんでも、お母さんに、"いきなりはダメよ"といわれていて、その約束を守るために"M字写真の掲載は3~4ページ目でお願いします"というんです」(出版関係者)

先日、出演したタモリの『笑っていいとも!』のスタジオには、秋田から祖母を招いていた壇蜜。とても家族思いでもあるのだ。

もちろん、ファン思いでもある。前出のユリオカ氏が、トークイベント時のエピソードを話してくれた。
「お客さんとツーショットのポラロイドサービスを行なったんですが、水着姿で、バストを押しつけるかのように腕を組むもんだから、お客さんは大喜びでした。かつて、あるイベントで、主催者サイドに"腕組み禁止"といわれたときには、"せっかく来てくださったのに、なんでですか?"と泣き出さんばかりに抗議したそうですね」

こんなイイ女なのに"いまは忙しくて、パートナーと呼べる人はいない"と、最近のインタビューで答えている。
「もっとも彼女は、女性もイケるバイセクシャルであることを公言しています。性別に関係なく、ステキだなと思うと"ラブでエロスな感情が芽生えてしまう"そうです」(芸能記者)

ちなみに、男性なら45歳以上をご所望だと、本誌のインタビュー時に話してくれた。もちろん、本誌オヤジ記者は大興奮。
「デートで女性を夜景の見えるレストランに連れていくような男性には、面白味を感じないとも話していましたね。そんな人にしつこく誘われたら、"帰って一人エッチしないといけないんで"と断わるそうです(笑)」(インタビューを担当した本誌記者)

知れば知るほど奥が深く、魅力的な女性――。そんな壇蜜が本誌読者だけに特別メッセージを寄せてくれた。
「週刊大衆の読者の皆さん、これからもハァハァしていただけるよう頑張りますので、応援よろしくお願いしますね」

こちらこそ、今年もお世話になります!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.