日刊大衆TOP 寺西一浩

第28回 池袋を拠点に居酒屋、雀荘を経営。麻雀アイドルユニットまでプロデュースするユニーク社長――長安良明さん

2014-11-21

止まらないキスの秘密
http://www.lovecosmetic.net/
「もう何度したのか覚えていない」

100年先まで残したい「超・人間カタログ」東京レジェンドNAVI

001


今回は、池袋を拠点に活躍する長安良明社長に取材をしました。池袋って、何か今まで私にとって苦手な街でした(笑)。
雰囲気かな……?!

やはり、「新宿ミッドナイトベイビー」を書いてるだけあり、私は新宿が好きなんですが(笑)、長安社長を取材することで新しい発見がありましたよ。

002


――長安社長は、何で池袋で居酒屋や雀荘を経営されてるんですか?

「私が26年前に上京して来た街が池袋だったんですよ」

――ご出身は?

「大阪です」

――じゃあ、19歳の時に上京してきたということですよね?

「そうですね。当時は、ただ漠然と何かしたいと思って東京に来たんです。最初に降り立った街が池袋で、この街でいろいろな人と出会って今があると思っています」

――東京と大阪って違いますか? 私は大阪詳しくなくて(笑)、教えてください。

「やはり、人の量が違いますね。あと、街も違います。大阪は、遊ぶところはミナミかキタくらいでしょう。でも、東京って、池袋、新宿、六本木、麻布とか、本当にたくさんあって、スケールが違いますよね。
はじめて上京した時に渋谷にも行きましたけど、あの渋谷のスクランブル交差点は、人でごった返して、圧倒されました。すごく魅力的でしたね」

――居酒屋をやるきっかけは何だったんですか?

「私のコンセプトとして、人と人がつながる場所を作りたいと思ったんです。もともと、仕事仲間で飲む人が多かったから、だったら居酒屋を作っちゃおうと思いましたし、安く飲める楽しい場所を作りたかった。
池袋には、近くに大学もたくさんあるから、学生もたくさん来ます。学生の子たちには、安く飲める楽しい場所を提供したかったしね」

003


――雀荘をはじめたきっかけは?

「雀荘も居酒屋と同じですよ。老若男女が一緒になってやれますし、繋がりを持てますからね。今、「ドラドラ」というアイドルユニットもプロデュースしていますが、もとは、麻雀を広めたかったからです。昔の悪い麻雀のイメージを払拭させたかった。麻雀も若い男女をメインに広めていきたいと思っています。
究極は、自分が人と繋がりたいと思っているのかもしれないです。一人でご飯を食べるより、人と大勢で食べる方が楽しいし、美味しく感じますよね」

――なるほど。では、社長のこれからの夢って何ですか?

「夢は、フィリピンやインドネシアに小学校や中学校を建てることですね」

――これまた、すごい夢ですよね。社会貢献ですね。

「はい。実際、フィリピンやインドネシアに行ってみて、はじめてわかったこともたくさんありました。やはり、教育が大切だと思うんです。教育がしっかりないと、人は良くならないと思いますから」

――私もそう思います。

「まわりに集まって来てくれる人たちが、幸せの連鎖で良くなってくれたら、本当に嬉しいと思います。自分も、たった一人で上京してきて、この街(池袋)で可愛がられて育ち、今がありますから」

004


長安社長が経営する、居酒屋「樹家」は、広い、騒がしい、安い、美味しいが売り!
ぜひ、池袋に寄ったら、一度覗いてみてください。

雰囲気が良かったので、12月15日からクランクインの私の最新映画「新宿ミッドナイトベイビー」のシーンに使わせていただくことにしました。

東京は、常に勝っていないと、頑張っていないとダメな街だという長安さん。上京しても、だいたい30歳前で故郷に帰る人たちも多いと指摘します。
確かに、自分を持っていないと、生活に流されてしまうかも知れません。

東京って街は、成功を掴める街でもあるけど、挫折を味わう街でもある……。
奥が深いですね。


寺西一浩(てらにし かずひろ) プロフィール
1979年10月2日生まれ
3歳で、女優・山岡久乃に見初められ子役として活動。慶應義塾大学法学部卒業。慶應大学在学中に出版したエッセイ『ありがとう眞紀子さん』が話題となり文壇デビュー。
その後、24歳の時、業界最年少で芸能プロダクション、株式会社トラストミュージックエンタテインメント代表取締役に就任し島倉千代子歌手生活50周年事業を成功させる。
その後は、小説家、プロデューサーとして活躍。著書に、「クロスセンス」「新宿ミッドナイトベイビー」「女優」、世界初電子書籍連載小説「Mariko」を配信。
2011年、「女優」が映画化されるにあたり、自身が監督デビュー。
「女優」は、第15回上海国際映画祭正式招待作品に選ばれ主演・岩佐真悠子とレッドカーペットを歩く。また、第25回東京国際映画祭、東京中国映画週間特別上映作品に選ばれ開幕式でグリーンカーペットを歩き話題となる。2013年、映画「東京~ここは、硝子の街~」を監督・脚本・プロデュース(出演:中島知子、田島令子他)。日本最大級の男性ファッション&音楽イベント「東京ボーイズコレクション」を大原英嗣氏と共に主催。ゴールデンバード賞主催。2014年、「新宿ミッドナイトベイビー」が映画化決定。


【関連書籍】
島倉家 これが私の遺言
島倉家
これが私の遺言
新宿ミッドナイトベイビー
新宿ミッドナイト
ベイビー
ありがとう 眞紀子さん
ありがとう
眞紀子さん
クロスセンス
クロスセンス
女優
女優
Mariko
Mariko

【映画・公演ポスター】
クロスセンス
クロスセンス
女優
女優
女優
女優
新宿ミッドナイトベイビー
新宿ミッドナイト
ベイビー

【イベント】
【寺西一浩公式ブログ】

大衆のオススメ


  • 「もう何度したのか覚えていない」彼を豹…

オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.