日刊大衆TOP 芸能

宮崎宣子アナに批判集中!? 「スターじゃないのにスター気質」と言われた反応は?

宮崎宣子アナに批判集中!? 「スターじゃないのにスター気質」と言われた反応は?

宮崎宣子アナ(フリー)

11月18日深夜放送『徳井と後藤と麗しのSHELLYが今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に、元日本テレビアナウンサーの宮崎宣子(35)が出演した。

ちなみに、今回の番組テーマは“悩める女”。宮崎アナの悩みとは「なんで私は幸せになれないの?」だそう。
早速、今回のゲスト・友近(41)から「着飾って派手でゴージャスにしているのに、不幸オーラが出ている」と断言されてしまった彼女。日々の生活を録画してくれたらしいので、とりあえず見てみよう。

まずノースリーブ姿で写る宣材写真に対し、友近から「宣材写真でノースリーブ着る人は『私を見て!』の人」と指摘されてしまう。確かに“ニュース読み”に、肌の露出は不要ではあるのだが……。

そして、自宅を紹介する宮崎アナ。いよいよ寝室を紹介しようとするも「寝室はナシということで……」と、なぜかもったいぶってしまう。

「なんや? 別にどっちでもええけど!」(フットボールアワー・後藤)
「スター気質があるんですよ、やっぱり」(チュートリアル・徳井)
「どうしたんですか、なんであんなことしたんですか?」(友近)
「寝室も見せようと思ったんですけど、よくないかなと思いまして……」(宮崎アナ)
「華やかな女子アナで、今も芸能界で活躍されて、でもスターという人じゃない。スターじゃないのにスター気質、これは悲しいです!」(チュートリアル・徳井)

罵詈雑言の嵐じゃないですか……。

その後も、朝はスムージーを飲み、午後3時には紅茶にこだわるティータイムを送る宮崎アナ。“将来の仕事”について質問されると、臆面もなく「女優のお仕事をさせていただきたいです。女優さんになりたいんです!」と宣言してしまう。

「すっごく田舎に育ったんですよ。流行りのものが、私の地元まで届かなかったんです。旬なものに飢えていたんですよね。ドラマの中の世界に憧れて、その中に入りたかったんですよ」(宮崎アナ)

そんな彼女、休日には乗馬に勤しんでいるという。「再婚しなくていいくらい愛おしい存在」と馬を愛でる彼女だが、馬の「ジャスティス君」をずっと「ジャスティン君」と呼び間違えるケアレスミスを連発! さっき、「再婚しなくていいくらい愛おしい存在」と言ったばかりなのに……。

確認するが、彼女の悩みは「何で私は幸せになれないの?」である。

「まず、マニュアルの生き方はやめましょ! ってことなんです」(友近)
「もう本当に、女性誌見て片っ端から試してます」(宮崎アナ)
「我は強いけど、個性がない」(フットボールアワー・後藤)
「あ~、なんかわかってきた……」(宮崎アナ)

それにしても「スターじゃないのにスター気質」とは、ひどい言われようだ。当たっているだけにキツい。

(寺西ジャジューカ)

宮崎宣子アナに批判集中!? 「スターじゃないのにスター気質」と言われた反応は?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.