日刊大衆TOP 芸能

NHK朝ドラ主演 人気若手女優A「モザイクSEX作品」出演情報 vol.2

[週刊大衆2月18日号]

「10年に公開された映画『花と蛇』の小向美奈子のギャラは、約3000万円だったと聞いています。これは、DVDが爆発的に大ヒットしたため。Aにいきなり、その額は無理ですが、1000万+インセンティブくらいは払うと思いますよ」(前同)

実はこれは、かなりの高額。昨年公開され、20億円を超える興行収入があった『ヘルタースケルター』で濡れ場を演じた沢尻エリカのギャラは、500万円だったと報じられている。

このことからも、Aの出演に期待する制作サイドの意気込みが伝わってくる。
「この案件は、ぜひ実現させたいです。出演が決まれば、過去の芸能人とは比較にならない。なんといってもNHK朝ドラの主演女優ですからね。影響力は半端ではないはずですよ」(同)

前出・アダルト雑誌ライターは、「本当の狙いは先にあるのでは」と話す。
「ストリップ、そして、官能映画に出演していった小向美奈子も、のちに本格AVに進出した。彼女はいま、生フェラも潮吹きも本番もバッチリやっています。制作サイドは、いずれはAに、そこまで期待しているのかもしれません」

国民的番組であるNHK朝ドラ女優がフェラして、潮吹いて、ぶっかけられるとなれば、まさに衝撃。

出演に向け微調整段階に入ったという交渉の行方を、下半身をビンビンに硬くして見守ろうではないか!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.