日刊大衆TOP 娯楽

【井崎脩五郎】チャンピオンの血騒ぐ

[週刊大衆12月15日号]

競馬新理論 井崎脩五郎
チャンピオンの血騒ぐ


チャンピオンズCと聞いて、思い出したことがある。
実は、「チャンピオン」と名乗って、本当にチャンピオンになった馬が実在するのである。
1800年の英国ダービーを勝ったチャンピオン(牡・鹿毛)である。のちにセントレジャー(日本の菊花賞の範)も勝った、文字どおりのチャンピオンホースである。
そこで今回のチャンピオンズCについて、出走予定馬の血統を調べたところ、この英国のダービー馬チャンピオンと、母系の大本が同じという馬が2頭いた。グレープブランデーと、ダノンカモンである。

なかでもグレープブランデーは、前走・武蔵野Sの内容が特別もの。力の要る良馬場のダート戦とは思えない、1000メートル通過58秒1という超ハイペースを4番手で追いかけ、粘りに粘って3着に入っているのだ。しかも当時、他馬より重い58キロを課せられていたのである。

昨年のフェブラリーSを勝ったあと骨折し、カムバックしたものの7連敗中だが、ようやく本調子を取り戻してきたと見てよいのではないか。
中京ダートは、東海Sを3馬身差で圧勝している相性のいいところ。また、フェブラリーSを勝ったときの1分35秒1は、良のフェブラリーSでは、トップと0秒2差という高い能力の裏付けも持っている。チャンピオンズCで血が騒ぎそうな気がする。


■井崎脩五郎 プロフィール
1947年生まれ。東京都出身。競馬評論家・コラムニスト。独特のレース予想と明るいキャラクターで人気を博し、数々のテレビ番組に出演。多数のコラム連載も持つ。

【井崎脩五郎】チャンピオンの血騒ぐ

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.