日刊大衆TOP 芸能

元AKB48エース・前田敦子 ファンも腰抜かす濃厚濡れ場2連発

[週刊大衆12月15日号]

日本国民全員に泡を吹かせる――と言ったかどうか知らないが、"コスプレソープ嬢"役への挑戦が驚きをもって迎えられているのが、元AKB48の絶対的エース・前田敦子(23)。
ハツラツとしたボディとヒマワリのような笑顔がまぶしい一方、どこか陰があるギャップが魅力の"あっちゃん"。万が一、吉原に出勤することにでもなれば、大行列間違いナシの逸材だが、それが今、世に放たれるという。来年1月18日スタートのドラマ『翳りゆく夏』(WOWOW)でのことである。

テレビ誌記者が言う。
「原作は、赤井三尋による、江戸川乱歩賞を受賞した同名小説。渡部篤郎演じる窓際族の中年新聞記者が20年前の未解決事件を追う、本格派ミステリーです。あっちゃんの役は、容疑者の唯一の目撃者。事件当時、5歳児だった彼女が、成長して新宿・歌舞伎町のコスプレソープで働くことになるんです」
源氏名は華原優。同書には、
〈スチュワーデスのユニフォームに着替え〉
〈男の股間をズボンの上からまさぐる〉
〈男の耳元に吐息を吹きかけるようにして囁いた〉
という妖艶なシーンのあと、
〈唇が重ねられ、それは十秒、二十秒、三十秒と続いた〉
と濃厚なディープキス。
さらには、男が強引に服を脱がす模様や、なんと老人相手にフェラチオする場面までもが描かれているというのだ。
これ以上は、放送コードアウト!?

次ページ >> 元AKB48エース・前田敦子 ファンも腰抜かす濃厚濡れ場2連発

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.