日刊大衆TOP 芸能

芸能美女「最強のケンカ女王」決定戦

[週刊大衆12月15日号]

業界内でひそかにささやかれる"犬猿"有名人たちの対立関係――。そんなヤバすぎる真実を暴露した『遺恨だらけのテレビ&芸能界タブーなケンカ101番勝負』(双葉社刊)が11月25日に発売され、さっそく話題を呼んでいる。
そこで今回、芸能美女のケンカ・エピソードから、それぞれの戦闘力を勝手に分析&評価、芸能界の「ケンカ女王」を悪ノリ120%で決定しちゃいます。

「腕っ節に自信のあるヤツ、出て来いや!?」
の呼びかけに、真っ先に手を挙げそうなのは、木下優樹菜(26)。元ヤンキーを公言し、「人生で一番熱くなったのは中学のタイマン」と言うのだから、その戦闘力&経験値は相当スゴそう。
「木下の通っていた中学校は、東京・葛飾区でも有数の超ヤンキー校。学校の近くの"タイマン公園"で行われる"タイマン・トーナメント"で、その学年の番長を決める伝統があったそうです。木下は、そのトーナメントに決勝戦まで勝ち進み、副番長を務めていたとか。それ以外でも、バトル経験は数知れず、"(女同士で)髪の毛を引っ張り合い、いつもゴッソリ抜いてやった"みたいな武勇伝がいくつもある」(芸能記者)

次ページ >> 芸能美女「最強のケンカ女王」決定戦

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.