日刊大衆TOP 芸能

ズバリ本音で美女トーク☆山村美智(女優)

[週刊大衆12月15日号]

ズバリ本音で美女トーク☆山村美智(女優)

もっと画像を見る

「女子アナ時代に『ひょうきん族』に呼ばれて雑用から解放されると思いきや、結局派手な衣装のまま…」

80年代、漫才ブーム真っ只中に放映され、大人気を誇った『オレたちひょうきん族』で初代ひょうきんアナを務めた山村美智さん。フジテレビ退社後は女優としての才能も開花させ活躍中。そんな山村さんに、最新出演作のことから“ひょうきんアナ”時代の裏話まで語ってもらいました!

――実は、22年前、間寛平さんとの対談ページに登場していただいたことがあるんです。

山村 すみません、全然覚えていないです(笑)。

――そうですか(苦笑)。なので、今回は、久々ということになります。

山村 22年前か……私がまだ10代のときですね(笑)。

――そうですね(笑)。

山村 それとは別に、大衆さんには、離婚がどうした、というような記事を書かれたことがあって……。

――す、すみません!

山村 夫婦円満なのにおかしいなぁ、って主人とも笑いながら読ませてもらいました(苦笑)。

――ところで、まもなく、映画『ゆめはるか』が公開されますね。

山村 はい。『全日本国民的美少女コンテスト』グランプリの吉本実憂(みゆ)ちゃん扮する少女が、脳腫瘍と懸命に闘う作品です。私は彼女の母の恵子をやらせてもらいました。

――どんな母親役ですか?

山村 強いお母さんだけど、かといって感情をガーッて出すタイプではない。でも、ちょっと冷たいところもあるのかな、と。

――ご自身と重なる点もありますか?

山村 私というよりは、母のことを思い出しましたね。劇中で、医師に向かって"治してくれないなら他の病院に行きます"というセリフがあるんです。私も子どもの頃は体が弱かったんですが、入院したときも、母は軟弱な医師に突っかかってましたからね。

――強いお母様だったんですね。

山村 母親の気持ちそのものは、私自身に子どもがいないのでわからないところがありますが、演じているうちに母のことを思い出しまして、なんだか居たたまれない気持ちになりましたね。

――母親役を演じるうえで心がけることはありますか?

山村 母親役じゃなくてもですけど、私ぐらいの年齢になると、周りの人たちがどれだけ演じやすいかってことを第一に考えるんです。特に、若い役者さんには、居心地のいい空気を作ってあげたいですね。

――主演の吉本さんも17歳とお若いですが、共演されていかがでしたか?

山村 実憂ちゃんはすごい頑張り屋さん。撮影時はすごく寒くて、実憂ちゃん、震えていたんですよ。それでも"寒いの平気なんです"って。朝早くても、"眠くないです。体だけは丈夫なんです"って。絶対に文句を言わないんですよ。

――若いのにすごいですね。

山村 本当に。しかも、いつもニコニコしていて。だから、他の人にも言ったんですよ。"国民的美少女コンテストって見た目だけじゃなくて性格も重要なんだね"って。

――ところで、山村さんは、以前からお芝居に興味が?

山村 子どもの頃からお芝居に興味があって、女優になりたいと思っていたんですよ。学生時代は、他大学と一緒の演劇サークルやプロの劇団にも在籍していました。

――昔からお好きだったんですね。

山村 女優の仕事を始めた頃に、中学・高校生のときの校長先生から"やっぱり、あなたはアナウンサーよりも女優のほうがピッタリですね"という手紙をいただいたこともありましたね。

次ページ >> ズバリ本音で美女トーク☆山村美智(女優)

ズバリ本音で美女トーク☆山村美智(女優)

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.