日刊大衆TOP グ スーヨン

第33回 人を見分ける重要な5つの方法を大公開! 第一弾 男が女性を見分ける篇 その二 特に女性の方は、ご遠慮ください!

2014-12-03

天才CMプランナー グ スーヨンが教える「いいかげん学習法」


イラスト/グ スーヨン


そんなわけで、
前回、ダメな女性を見分ける方法を二つ書きました。
1.電車に乗らない女
2.旅行好きな女

意外なところに、
人間の本性が見えるんですね~

続けましょう!

3.記念日好きな女性
理由は「特別な日って大切にしたいんですぅ」なんてことを宣います。
今年のハロウィンは、熱狂的な状態でしたね。
彼女の誕生日やクリスマスのことを考えるだけで、円形脱毛症を発症した、という話しも聞きます(涙)
特別な日があるなら、それ以外の日は、いったい何なんでしょうか?
フツーの何でもない日ってことでしょうか?
フツーの何でもない日は、
記念日よりも明らかに価値が低いと思っている意思表示ですね。

バカなこと言っちゃイケナイ!
毎日が特別な日なんです。
もしかしたら今日死んでしまうかもしれない!
毎日が、二度とやってこない特別な日なんですよ。

刹那的で一時の快楽が好き、なにより自分の感情が一番大事で、夢とわがままの区別ができないタイプなんです。
かなりの浮気性なのは、ほぼ間違いないですね。


4.自分にご褒美をあげる女性
理由は「頑張ったんだから~」なんてことを宣います。
あのね、
ほとんどの人が、頑張ってるんです。
頑張るのは、当たり前の当然のことなんですよ。
それに対して、ご褒美なんて…
自分がやることは、すべて頑張ってると認めてもらいたいタイプです。
料理しても、掃除しても
電話しても、メールしても
呼吸をしても、心臓が動いても
頑張ってると認めてもらいたい人なんてね~
面倒臭いですね~

子どもが言うことを聞かない時に、
常にご褒美をエサにしつける親が多いと聞いてますが、
まさにこの人が、そのタイプです。
自分のやることは、頑張ってるんだから、すべて正しい、間違っていないという意固地な人間です。
それに対して、対価的な行動やご褒美を要求してくる。
フツーに通常のことをやっても、過大な権利を主張してきますから、注意してください。


5.ファッションの優先度が高い女性
「ファッションが好きなんですぅ」なんてことを宣います。
ほとんどの人がファッション好きなので、それは構わないだろう、くらいのことと思ってると痛い目に遭いますよ。
問題は、プライオリティ、優先度です。
片付けよりも、ネイルのこと、
急用よりも、靴のこと、
天候よりも、トータルスタイルのこと、
その時の状況で、優先度は変わる訳ですが、それを判断する能力に欠けています。
寒いのに、オシャレな薄着をして、注意しても「大丈夫だよ、そんなに寒くないし」とか言いながら、結果的に風邪を引いてしまってる(笑)

ホントに度々遭遇する光景です。
「このブランドは、ちょっとないよねぇ」とか、必ずブランドを意識する。
要するに、プライドが高い女ってことです。
そのプライドには、まったく根拠がない。
真のプライドってのは、自分で無理して持たなくても、回りが自然につけてくれるものなんです。
中身のない人間は、状況に関係なく、常に外見を優先します。
ちょっと話せば、会話の内容で、すぐに分かるから、注意して観察しましょう。


1.電車に乗らない女
2.旅行好きな女
3.記念日好きな女
4.自分にご褒美をあげる女
5.ファッションの優先度が高い女


どうですか?
思い当たる節が、バリバリあるでしょう。
実際、男も女も同じことなんだけどね。


グ スーヨン(具秀然 gu suyeon) プロフィール
1961年、山口県下関出身の在日韓国人二世。
CMディレクターとして多くの話題作を手掛け、注目を集める。
1994年にGOO TV COMPANY ltd.設立。その才能は多岐に渡り、作詞家としての活動をはじめ、2001年には初の小説「ハードロマンチッカー」を刊行。小説家としても高い評価を得る。
2002年に2冊目となる小説「偶然にも最悪な少年」刊行。
ACC最高賞、ロンドンクリエイティブアワード他、受賞多数


グさんが手掛ける話題のタクシーCMをCheck!
『グとハナはおともだち』
動画一覧を見る

【CM作品】
・ケビン・コスナーのサントリーモルツ
・永瀬正敏の資生堂メンズスタイリングムース
・「脱いでもすごいんです」のTBC
・「パソコンできない人は亡びる」COMPAQ
・ジャン・レノのHONDAオルティア
・内藤剛士の「だって8時間だもん」SONYハンディカム
・ウルフルズの資生堂GERAIDOから堂本剛の資生堂GERAIDO
・鼻血を出した金城武のライフカード
・菅野美穂の「なにのもっかなぁ」サントリービタミンウォーター
・「ピンキリ」優香と加藤君のカーセンサー
・ひろみ郷の雪国まいたけ
・「あきらめましょう」を歌う華原朋美、伊藤蘭のポッカ
・金城武のLYCOS
・柳沢慎吾のピザーラ
・福山雅治のダイナブック
他、IBMのe-business、缶コーヒーのジョージア、ヤクルトジョア、ポラロイド、日本火災、DDIセルラー、うまかっちゃん、関西J-phone、九州J-phone、所ジョージのラビット、佐川急便、篠原凉子の「やばっグッときた」ORIXカード
など、お茶の間を騒然とさせる話題作多数。


【出演番組】
1995年:テレビ朝日の「えびす温泉」では、レギュラー審査員。
1998年:テレビ朝日ドキュメント「21世紀への伝言」で、現在活躍する在日韓国人クリエイターとして出演。
1999年:TBSの「情熱大陸」で、自身をドキュメントされた。
2010年:タクシーちゃんねる「グとハナはおともだち」
2013年:ベイFMレギュラー番組「接続したくない人たち」毎週月曜25時~


【手がけた作】
・内田有紀「baby's growing up」MTV
・槙原敬之「SPY」「どうしようもない僕に天使が降りてきた」MTV
・チャー「SMOKY」MTV
・ウルフルズ「まかせなさい」MTV
・内田有紀のアルバム「愛のバカ」「nakitakunalu」プロデュース
・ポッカのCMソング「あきらめましょう」や田原俊彦、林明日香、ラグフェアなどの作詞を手がける。

2001年3月:初の小説「ハード・ロマンチッカー」刊行
2002年6月:「偶然にも最悪な少年」刊行
2003年9月:初監督映画、「偶然にも最悪な少年」全国東映系ロードショー。主演 市原隼人、中島美嘉主演
2005年:韓国プチョン国際ファンタスティック映画祭に審査員として招かれる。
2007年5月:映画「プルコギ」全国公開。主演 松田龍平、山田優
2010年1月:テレビ東京「ジロチョー清水の次郎長維新伝」監督
2011年11月:映画「ハードロマンチッカー」全国公開。主演 松田翔太


【2015年公開予定のグスーヨン監督映画が現在企画進行中】
プルコギ 偶然にも最悪な少年 ハードロマンチッカー 偶然にも最悪な少年

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.