日刊大衆TOP 社会

「韓国人売春婦が日本に5万人」はウソだった!? 知られざる真実が明らかに……

ネット上に数多く存在する嫌韓派だけでなく、ジャーナリストを標榜する人物も「日本では5万人の韓国人売春婦が暗躍している」というフレーズをしばしば使う。この数字の根拠は、2010年10月、韓国ハンナラ党の国会議員パク・ソヨン氏の「日本で韓国国外で売春を行っている韓国人女性は10万人以上に達し、そのうち5万人が日本で売春を行っている」とした発表にある。 しかし、本当に5万人もの売春婦が日本に存在しているのだろうか? その実態を探るべく、2014年10月24日に「日本人が知らない韓国売春婦の真実」(宝島社)を上梓した著者・中村淳彦氏に話をうかがった。

――本を書くことになったきっかけは?

そもそも、この本を書くことにきっかけは「5万人」という数字に対する疑問から始まっています。より実態に近い数字を調べるために、編集者と手作業で日本に韓国デリヘルが何店舗あるのかをカウントしました。韓国デリヘルはインターネットに依存しているため、必ずHPが存在します。主要風俗サイトを調査した結果、全国に713店が確認できました。見逃している数を踏まえても、日本に存在している韓国デリヘルの数は約800店ほどしか存在しません。韓国デリヘルは、HP上で店の名前を変えて何店舗もあるかのように偽装するのが普通なので、1人の経営者が平均2店舗を運営していると考えて、実数は約350~400店。1店舗に所属する女の子の平均人数は7人程度。1人の女の子がノービザで働けるのが90日なので、年間4回転したと仮定して、1店舗の人数は年間28人。結果、日本で1年間に働いている韓国人売春婦の数は、最大でも1万2000人という数字が出ました。

計算式)約350~400店×28人(年間)=約9800~1万2000人

――「日本に韓国人売春婦が5万人」とはほど遠い数字ですね。

これは、「5万人」という数字の約20%です。韓国では、カラオケや床屋、喫茶店など様々な水商売と売春がセットになっているんですが、それが普通だから韓国の国会議員も日本でただのスナックで働いている女の子も「売春婦」としてカウントしているのかもしれません。また、全体の53%が東日本に集中し、さらに東京・鴬谷には都内の73%、全国の14.6%が集まっています。また、ざっと計算して年間441億円~504億円の金が、韓国デリヘルに流れていると推測できます。


(続きを読む)

「日本人が知らない韓国売春婦の真実」vol.2
12.12公開予定
「日本人が知らない韓国売春婦の真実」vol.3 12.19公開予定

PROFILE
中村淳彦
1972年生まれ。ノンフィクションライター。代表作「名前のない女たち」(宝島社)が累計35万部のベストセラーになり、2010年には映画化。「日本の風俗嬢」(新潮新書)は各メディアで書評が取り上げられ、週間一位書店が続出。最新刊は「ワタミ渡邊美樹日本を崩壊させるブラックモンスター」(コア新書)

「韓国人売春婦が日本に5万人」はウソだった!?  知られざる真実が明らかに……

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.