日刊大衆TOP 社会

韓国人も知らない!?「韓国の売春婦」のリアルな実態

ネット上に数多く存在する嫌韓派だけでなく、ジャーナリストを標榜する人物も「日本では5万人の韓国人売春婦が暗躍している」というフレーズをしばしば使う。この数字の根拠は、2010年10月、韓国ハンナラ党の国会議員パク・ソヨン氏の「日本で韓国国外で売春を行っている韓国人女性は10万人以上に達し、そのうち5万人が日本で売春を行っている」とした発表にある。 しかし、本当に5万人もの売春婦が日本に存在しているのだろうか? その実態を探るべく、2014年10月24日に「日本人が知らない韓国売春婦の真実」(宝島社)を上梓した著者・中村淳彦氏に話をうかがった。

――著書を拝読して、「韓国に売春事情を扱うメディアが存在しない」ということに驚きました。

実際に韓国で取材をしたんですが、取材がもの凄く大変でした。いくら説明しても理解してもらえなくて、なんでこんなに話が伝わらないのかって思ったら、日本の実話雑誌のようなメディアが全く存在しないようなんです。性のことを扱うジャーナリストもいなくて、たまに新聞が扱う程度だから、現地の売春婦からしたらメディアに出るなんて考えられないし、信用できないし、性売買防止法で徹底的にやられているから、人を全く信用しないんです。まあ大変でした。

――売春婦が置かれている立場も過酷なようですね。

韓国人は、日本とは比べ物にならないくらい地域の繋がりが強いんです。家と家、地域、学閥など。もし知り合いにバレたら、今まで生きてきた人生が全て終る、くらいの感じで、ビビり方がハンパじゃないんです。日本みたいに風俗嬢がTwitterをやっているなんて、ありえない。また、ネットが発達しているので、すぐに広まってしまう。日本の書籍もすぐに翻訳されて出回るので、もの凄く警戒されました。

――韓国人といえば「整形文化」が有名ですが。

取材した殆どの売春婦が言っていたけど、「整形は投資」という考え方らしいんです。韓国には前借金文化があって、闇金から整形代を借金して、それを売春して返す。多様性のある日本の風俗産業とは違い、韓国の風俗産業では「若くて美人」ってことだけに価値があるから。

――売春がはびこる背景に、若者の貧困問題もあるようですが?

ソウルに行ったら、物価はほぼ東京と変わらない。でもアルバイトの時給は300~400円という現状がある。88万ウォン世代という言葉があるように、多くの若者は月収9万円程度で非正規の仕事をするしかない。当然、親元を出られず、大卒でもまともな暮らしができるのは一握りという現実があるんです。売春婦になれば、日本円に換算して60万~90万円は確実に稼げる。正直、日本で売春するより韓国で売春をしたほうが儲かる。実際に取材した7~8人の売春婦は、全員大学を卒業していました。

――「買う」側の男性の心理も気になりますね。

韓国で驚いたのは、とにかく飲み食いが凄い。もう、新宿や池袋の何倍もあるような繁華街で、朝までガンガンに酒を飲んで飯を食ってるの。ギンギラギンだよ。夜中、終電過ぎても。よくお金があるな、って思うけど。そうやって朝まで飲み食いする中で、売春という遊びがセットになっているんです。数字の根拠は詳しく本に書いたけど、韓国には約37万人の売春婦が存在します。これは人口比で日本の約2倍以上。この巨大なマーケットを、韓国人の男性が支えているんです。


(続きを読む)
「日本人が知らない韓国売春婦の真実」vol.1
「日本人が知らない韓国売春婦の真実」vol.2

PROFILE  中村淳彦 1972年生まれ。ノンフィクションライター。代表作「名前のない女たち」(宝島社)が累計35万部のベストセラーになり、2010年には映画化。「日本の風俗嬢」(新潮新書)は各メディアで書評が取り上げられ、週間一位書店が続出。最新刊は「ワタミ渡邊美樹日本を崩壊させるブラックモンスター」(コア新書)

韓国人も知らない!?「韓国の売春婦」のリアルな実態

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.