日刊大衆TOP 芸能

カトパン「来春フリー転向」スッパ抜き

[週刊大衆12月22日号]

優柔不断――そう自分の短所を語っていたフジテレビの"スーパーエース"加藤綾子アナ(29)が、ついに心を決めたという。
「来春、カトパンが退社するのは既定路線。フリー転進は間違いない。よほどのことがない限り、この方針は揺るがないでしょう」
そう断言するのは、制作会社スタッフだ。Xデーは来年4月23日。彼女の30歳の誕生日だという。
「尊敬する先輩の小島奈津子は33歳、高島彩は31歳と、30代になってからフリーになっています。そうした前例を守り、"20代では会社を離れない"と話していたカトパンですが、もはや気力、体力ともに限界が近づいています。『めざましテレビ』をはじめ、レギュラー番組は3月末で、すべて降板する運びだと聞いています」(前同)

先日、『めざまし』の生放送中に体調不良で倒れ、運び出されたように、カトパンは過労気味。それでも仕事は次々と振られてくる。
「年末年始の特番は、視聴率を"持っている"加藤アナに仕事が集中してしまう。フリーになれば2億円は下らない年収も、働けど働けど1300万円。"これじゃ、ワリに合わない"と本人が判断するのも、仕方ない」(フジテレビ関係者)
多忙さに、給料が見合わないうえ、
「先日、カトパンと学生時代からの大親友・TBSの枡田絵理奈アナが、広島カープの堂林翔太選手との結婚を発表。寿退社します」と言うのは、女性誌記者。
「また、長年のライバル・生野陽子アナも結婚し、今秋、『めざまし』を卒業。さらに、交際が噂されたダルビッシュ有も、レスリング元世界女王の山本聖子と交際宣言。恋に敗れた格好です」(前同)

周囲の結婚ラッシュに加え、ダルの交際宣言。妙齢の加藤アナが落ち込み、環境を一新したくなる条件が、こうも揃っているのだ。
芸能プロ幹部が言う。
「退社後の行き先ですが、宮根誠司の事務所『テイクオフ』が最有力候補。元TBSの田中みな実も所属しています。『情報ライブミヤネ屋』(読売テレビ系)ほか、バラエティ報道路線を強化するのに、カトパンの存在は力となるでしょう」
宮根さん、どうか綾子をよろしくお願いします!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.