日刊大衆TOP 社会

「京都連続不審死」は他人事じゃない!中高年婚活に潜む「危険なワナ」

[週刊大衆12月22日号]

約10年の間に、最低でも6人の夫ないし交際相手が死去。その間に、相続などで手に入れた資産は10億円以上と言われる「京都連続不審死事件」の筧(かけひ)千佐子容疑者(67)――。

彼女が、ほとんどの相手と知り合ったのが結婚相談所だった。
「彼女は10か所以上の結婚相談所に登録。相手への希望欄には、"年収1000万円以上、持ち家、一人暮らしの高齢者"との条件が書き込まれていたそうです。そうして、カモを待ち受けていたんですね」(全国紙社会部記者)
これだけ聞くと、"自分はそんなに稼ぎがないから、無縁の話"と思っている方が多いかもしれない。
しかし、「決して他人事じゃない」と語るのは、多くの中高年婚活トラブルの調査を担当したことがあるという、探偵会社『ティー・ディー・エー』(東京都新宿区)の福田政史顧問だ。
「資産がなくても、生命保険をかける手もあります。それに、殺すのはさすがに例外として、うちでも資産家でなくても、あの手この手で金を取られたケースを複数件は把握しています」(前同)

それにしても、筧容疑者のケースでは、被害者男性は途中でおかしいと思わなかったのだろうか?
つい最近まで、都内で結婚相談所代表を務めていた小松秀樹氏によると、
「結婚相談所の登録者は圧倒的に男性が多い。だから、女性のサクラの話もよく出てくるわけですよ。中高年にもなれば、持ち家があれば別ですが、なければ最低でも年収400万円はないと結婚相手を探すのは厳しいですね。それ以下の条件だと、"手を上げてもらえれば恩の字"と思わなくちゃいけない。だから、最初から日本人は諦め、外国人(近年は主に中国人ないしタイ人中心)狙いの方も多いんです」
小松氏の資料によれば、男性の場合、自然の出会いに任せていたら、45歳を超えると成婚率はゼロに等しいという。だからこそ、結婚相談所は成り立つのだ。

ちなみに、小松氏の結婚相談所では、日本人相手の場合、成婚誓約時、男性からの取り分は1人30万円(たいてい女性分も男性が払うので計60万円の負担)。外国人は1人90万円だが、それでも最初から外国人希望者が多かったという。それだけ支払っても結婚したいのだ。
「結婚相談所に申し込む男性は口ベタが多いんですよね。誰でも気軽に話せる性格なら、自然の出会いもあるでしょうからね」(前出・小松氏)
筧容疑者の犠牲になったと思われる方も、やはり口ベタだったようで、それゆえ、あれこれ文句を言わず、彼女主導で事は進み、ついに……。

次ページ >> 「京都連続不審死」は他人事じゃない!中高年婚活に潜む「危険なワナ」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.