日刊大衆TOP 娯楽

【武豊】僕が唯一勝っていないGⅠについて

[週刊大衆12月29日号]

人生に役立つ勝負師の作法 武豊
僕が唯一勝っていないGⅠについて


みずほ銀行を、いまだに、第一勧業銀行と呼ぶ友人がいます(笑)。富士銀行、日本興業銀行と合併し、みずほ銀行になったのはミレニアム、2000年。エアシャカールとともに、「皐月賞」「菊花賞」の2つを手に入れた年ですから、一昔前のことになります。

今週末、阪神競馬場で行われるGⅠ「朝日杯FS」が、その名前で呼ばれるようになったのは、その翌年の01年。それまでは、「朝日杯3歳ステークス」という名前で施行され、牡馬の2歳チャンピオン決定戦として長い間、競馬ファンに愛されてきました。

さらに歴史を遡ると、2歳王者決定戦は、関東、関西でそれぞれ行われていて、僕がデビューした当時、新馬戦を勝ち上がった関西馬が目標にしたのは、「阪神3歳ステークス」でした。

ちなみに、騎手としてデビューした87年の優勝馬は、先輩、河内さんが騎乗したサッカーボーイです。このレースが、91年、2歳牝馬による女王決定戦となり、名前も、「阪神3歳牝馬ステークス」に改称。01年、さらに進化を遂げ、現在の「阪神JF」に繋がっていきます。

自分ではまだまだ若いつもりですが、こうして昔を振り返ると、「ずいぶんと長い間、騎手をやってきたんだなあ」ということを実感します(笑)。
「朝日杯FS」といえばもうひとつ。誰かに言われる前に自分で言っておきましょう。そう、JRA22のGⅠレースの中で、唯一、僕が勝っていないのがこの「朝日杯FS」です。

――なぜ勝てないのか?
この時期になるとほぼ、間違いなく聞かれるのがこの質問です。

【武豊】僕が唯一勝っていないGⅠについて

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


注目キーワード


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.