日刊大衆TOP 寺西一浩

第31回 ついにクランクイン!映画「新宿ミッドナイトベイビー」で銀幕デビューの人気ユニット“クロムジャックス”のKEIGOくん

2014-12-12

100年先まで残したい「超・人間カタログ」東京レジェンドNAVI

私は今、毎日、情緒不安定な生活を送っております(笑)。
なぜなら、ついに次回作、映画「新宿ミッドナイトベイビー」のクランクインを迎えるからです!
監督として、命懸けで取り組みます。
今日、実は撮影前に出演者のポスター写真を撮影したんです。みんな、真剣でした。でも、楽しんでたので、見ていてとても嬉しかったです。

今回は、そんな「新宿ミッドナイトベイビー」で銀幕デビューを飾るアイドルダンスボーカルユニット“クロムジャックス”に所属のKEIGOくんにお話を伺いました。
KEIGOくんが所属する”クロムジャックス”とは、身長180cm以上の4人組アイドルダンスボーカルユニットで、特に新大久保の「トリプルK」を中心に、歌、ダンスだけではなく、各々の個性を活かしたトークやパフォーマンスでライブを行っています。

実は、KEIGOくん、前回の国立競技場代々木第二体育館で開催された第5回東京ボーイズコレクションにも出演し、大声援を浴びた一人でもあります。

001


――KEIGOくんにとって、東京という街はどんな印象ですか?

「物心ついた時から行かなきゃと思っていました」

――どこの出身ですか?

「大分県です」

――大分県と東京の違いは?

「ありすぎて……(笑)」

――例えば、どんな違い?

「人の質や多さ、空気とか、同年代の人達の暮らし方も違います」

――大分県の同年代の人たちはどんな暮らしをしてますか?

「結婚するのも早いし、落ち着くのが早い気がしますね。実家に帰ると、隣人との距離も近い気がします。それに比べて東京は、人と自分を比べないで済むから楽だなぁと思います」

――東京に住んで良かったことありますか?

「良かったことしかないですけどね(笑)」

――ちなみに、どんなこと?

「自分の好きなことができてますし、自分が努力した物を人に見せて評価されることが叶うから、田舎とは可能性の多さが違う。東京へ来て良かったです。東京にいるから、今の自分があると思います」

002


映画「新宿ミッドナイトベイビー」に”ルイ役”で出演が決定したKEIGOくんですが、本格的な映画出演は初めてだとか。

――映画に出演が決定した時、どう思いましたか?

「なんか、嘘なんじゃないかと思いました(笑)」

――なんで?

「現実味が湧かなかったんです。でも、本読みをした時にはじめて、実感が湧きました。自分がこの役を演じなきゃいけないんだと」

――映画の内容を脚本で見てどう思った?

「自分の興味がある役が多かったんですが、特に”ルイ”という役がピンときました。自分だったら、どうかと置き換えたらワクワクしましたね。自分の中に持ってる“ルイ”を出したいと思っています。皆さん、映画が完成したら、ぜひ見てください」

――“クロムジャックス”の活動はどうですか?

「知り合いだったリーダーに誘われてやり始めたんですが、それを境に自分の生活はガラッと変わりましたね。今振り返ると、やって良かったと思っています。それがあって、映画出演に繋がってますから……」

――最後にKEIGO君の将来の夢は?

「役者をやることです。役者として年をとっていきたいと思っています。でも、せっかく“クロムジャックス”で培った物があるので、アイドルやタレントを目指している後輩たちのサポートもしていきたいです。そして、クロムジャックスが始まってからの毎日が学生の時以上に青春してる気がします」

003


次々と新しい人材が発掘出来る街が”東京”だと常々思っています。
ふとしたきっかけで、可能性をつかんで飛躍できる街――。とっても魅力的。これからも、将来性ある人に注目していきたいですね。


寺西一浩(てらにし かずひろ) プロフィール
1979年10月2日生まれ
3歳で、女優・山岡久乃に見初められ子役として活動。慶應義塾大学法学部卒業。慶應大学在学中に出版したエッセイ『ありがとう眞紀子さん』が話題となり文壇デビュー。
その後、24歳の時、業界最年少で芸能プロダクション、株式会社トラストミュージックエンタテインメント代表取締役に就任し島倉千代子歌手生活50周年事業を成功させる。
その後は、小説家、プロデューサーとして活躍。著書に、「クロスセンス」「新宿ミッドナイトベイビー」「女優」、世界初電子書籍連載小説「Mariko」を配信。
2011年、「女優」が映画化されるにあたり、自身が監督デビュー。
「女優」は、第15回上海国際映画祭正式招待作品に選ばれ主演・岩佐真悠子とレッドカーペットを歩く。また、第25回東京国際映画祭、東京中国映画週間特別上映作品に選ばれ開幕式でグリーンカーペットを歩き話題となる。2013年、映画「東京~ここは、硝子の街~」を監督・脚本・プロデュース(出演:中島知子、田島令子他)。日本最大級の男性ファッション&音楽イベント「東京ボーイズコレクション」を大原英嗣氏と共に主催。ゴールデンバード賞主催。2014年、「新宿ミッドナイトベイビー」が映画化決定。


【関連書籍】
島倉家 これが私の遺言
島倉家
これが私の遺言
新宿ミッドナイトベイビー
新宿ミッドナイト
ベイビー
ありがとう 眞紀子さん
ありがとう
眞紀子さん
クロスセンス
クロスセンス
女優
女優
Mariko
Mariko

【映画・公演ポスター】
クロスセンス
クロスセンス
女優
女優
女優
女優
新宿ミッドナイトベイビー
新宿ミッドナイト
ベイビー

【イベント】
【寺西一浩公式ブログ】

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.