日刊大衆TOP コラム

ビール消費量世界一の国は?

[週刊大衆12月29日号]

日本で最も多く飲まれている酒はビールです。酒の全出荷量の実に75%がビール類(発泡酒、第3のビールを含む)で、7%台の日本酒や焼酎を圧倒しています。今や、ビールは日本の国民酒と言えるのかもしれません。
しかし世界の中で見ると、日本のビール消費量はそれほど多くないようです。
2012年の国別ビール消費量ランキングを見ると、トップ3は中国、アメリカ、ブラジル。中国で飲まれた量は年間4420万キロリットル。2位のアメリカが2418万キロリットルですから、ダントツの1位です。日本は7位で554万キロリットル。中国の8分の1程度でした。

では、中国人が世界一のビール好きなのかというと、そうでもありません。国民1人当たりの消費量を見ると、中国はトップ3どころか、トップ30にも入っていません。
1人当たりの消費量ランキングのトップ3は、次の3か国です。このうち、20年連続で1位をキープし続けているビール大好き国は?

(1)ドイツ
(2)オーストリア
(3)チェコ


答えはココを押す! 答え :(3)=2位オーストリア、3位ドイツ。


出題:浜川卓也

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.