日刊大衆TOP コラム

レストランで残ったワインは持ち帰っていい? 悪い?

[週刊大衆12月29日号]

酒は人と人の距離を縮めるコミュニケーション・ツールですが、使い方を間違えると、逆に関係を悪化させてしまうことも。相手の気分を害さないためにも、ある程度のマナーを知っておいたほうがいいでしょう。
まずは注(つ)ぎ方です。ビールはラベルが上になるように片手でビンの中ほどを持ち、残りの手を軽く添えます。日本酒は片手で注いでもOKですが、女性はもう一方の手を添えたほうが優雅です。
ワインをレストランで飲むときは、ソムリエや接客係に注いでもらうのが基本。自分たちでやるときは、男が注ぐのがマナーとされています。

注がれるほうは、ビールや日本酒ならグラスや盃を手に持ち、必ず一口飲んでから下に置きます。しかしワインなら、グラスをテーブルに置いたまま注いでもらうのが正式。
よく「肉料理には赤ワイン、魚料理には白ワイン」と言われますが、これはマナーではなく好みの問題。肉料理に白ワインを合わせても、いっこうにかまいません。では、レストランで飲みきれず、残してしまった場合、そのボトルを持ち帰るのはマナー違反になる? ならない?


答えはココを押す! 答え :マナー違反ではない。


出題:浜川卓也

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.