日刊大衆TOP トレンド

尊敬される鍋奉行になるための超絶スゴ技10

[ヴィーナス12月04日号]

肌寒い季節、親しい仲間たちと鍋を囲む機会も多くなってくる。
しかし、そんなときに嫌われてしまいがちなのが、場を仕切りウンチクを垂れ流す"鍋奉行"だ。しかし、心理学を応用すれば、嫌われるどころか喜ばれる鍋奉行になれるのだ!
そんな秘密テクを一挙紹介!!


肌寒い日には気のおけない仲間と集まり、鍋で一杯。そんなことが楽しい季節になってきた。

しかし、そんなときに嫌われてしまうのが"鍋奉行"だ。鍋を囲んだときにアレコレうるさく言う人は、とにかく嫌われてしまうのだ。あなたの身近にも、こんな人はきっといるに違いない。
え?あなたも、そんなタイプだって?

きっと周囲の人から、あなたは生温か~い目で見られていたはず。
しかし、本誌は一方的に、そんな鍋奉行を"うっとうしい"と断罪することはしたくない。なぜなら、彼らの行動の根本には善意があるからなのだ。

「俺はただ、みんなに美味しい鍋を食べさせてあげたかっただけなんだ!」
「煮えすぎて、食べ時を逃していく食材を見過ごせなかったんだ……」
鍋奉行たちは口をそろえて、こんなことを言う。

しかし、そんな気持ちを下々の者どもはわかってくれはしないだろう。
そう、鍋奉行は報われず、愛されない悲しい存在なのだ。
だが、美味い鍋を食べるためには、誰かが場をコントロールしなければならない。そこで今回は、場の空気を壊さずに思いどおりに鍋の進行をコントロールして、嫌われるどころか愛される鍋奉行になるためのテクニックを紹介しよう。

次ページ >> 尊敬される鍋奉行になるための超絶スゴ技10

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.