日刊大衆TOP 社会

チンパンジーに人権なし…アメリカの裁判所が判決

アメリカ・ニューヨークにて、アメリカの動物愛護団体がチンパンジーに人権を与えるよう求めていた裁判で、「チンパンジーには責任能力がないため、人間と同じ法的権利は認められない」との見解を裁判所が示し、申し立てを却下した。

チンパンジーに法的な個人としての権利を与えるべきと訴えていたのは、非営利団体「非人間の権利プロジェクト(NRP)」。檻に入れられて監禁状態のチンパンジーを、保護区に解放するよう求めていた。

しかし、ニューヨーク州オールバニの裁判所は、「チンパンジーは人間と異なり、法的責任と社会的義務を負う能力はない」とし、法律上の権利をチンパンジーに与えることは不適切との判決を下した。NRPの弁護士は、最高裁判所に上訴する意向を示している。

「チンパンジーには事物の是非・善悪を弁別し、それに従って行動する能力はないため、人権は与えられない」とする裁判所と、「一個人として認め、監禁状態から解放されるべき」と主張する団体。肝心のチンパンジー本人の意向は分からずじまいである。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.